2016年2月29日月曜日

「コロリアージュでカラーレッスン Step1 」 を開催しました

コロリアージュでカラーレッスン Step1





















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。


昨日は Studio LUMO Collection さんで
「コロリアージュでカラーレッスン Step1 」 を開催しました。

ご参加くださった方々は、
すでにコロリアージュを楽しまれていて、
それぞれご自分の世界をお持ちでした。

お選びになる色も、塗り方も、個性が表れ、
拝見している私もとても楽しかったです。

色に関しては初めてということで、
色の成り立ち(三属性)やトーンなどに
興味を持っていただけたようです。 (^^)

例えば、色鉛筆の感覚では、
赤と ピンク、チョコレートブラウンは
独立した色と捉えられますが、
じつは赤という色相のトーン違いの色であること。

また、一般的な水色は「青の薄い色」ではなく、
「緑みの青の薄い色」で、
わずかに緑みを帯びていることなど・・・。

色に関する知識が加わることで、
色鉛筆のカラーバリエーションに対する見方も変わり、
色選びの幅が広がります。

そのようなことを実感していただけたら
講師としてたいへん嬉しいです。

「コロリアージュでカラーレッスン」、
Step1 は 3月9日にもう1講座、
Step2 は 3月26日、 
Step3 は 4月23日に開催いたします。

ご希望の回だけでも受講可能ですので、
ぜひご参加ください! 

*詳しくは こちらの記事 をご覧ください。



ところで、
前回の記事で途中だった
こちらのコロリアージュが
完成しました。

今回はメリハリを抑え、
柔らかなトーンで
構成してみました。

私自身も
いろいろな塗り方を
試していきたいと思っています。






【お申込み受付中】

「コロリアージュで
       カラーレッスン」 

Step 1 :  3/9
Step 2 :  3/26
Step 3 : 4/23

受講料の特典もあります

*詳細は こちら



2016年2月26日金曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)~私の失敗からのご提案

by Masumi Chiba


ご覧くださって、
ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 
千葉真須美です。


2月15日の記事

「カラーの知識は
 大人のぬり絵に
  どう活かせるでしょう?」  

未完成だったコロリアージュは、
このように仕上りました。





じつは、この作品で
「失敗しちゃったなー。」
思っている部分があります。

失敗箇所をお伝えするのは恥ずかしいのですが、
少しでもご参考になれば・・・
という気持ちでお話しします。

失敗したと感じたのは
女性の下の5つの花です。

本当はもう少し濃淡をはっきりさせて、
立体感を出したいと思っていました。

しかし、塗りはじめた時に
「髪のボリュームに負けないよう 鮮やかに」
という気持ちで、
最初から濃く塗ってしまったのです。

色が薄い場合には、
さらに色を重ねれば良いのですが、
濃い場合に薄くするというのは
かなり難しいことです。

どうしてもという場合には、
消しゴムを使うという手段もありますが、
細かい部分はそれも厳しいですね …。

この作品で、私はあきらめて、
これ以上手を加えないことにしました。

このように、最初に濃く塗ってしまうと、
その後の色の調整がかなり制限されます。

そのため、
はじめのうちは薄めに色を乗せ、
だんだんと塗りこんでいく方が
失敗が少ないと思います。



こちらは、
講座で使う見本にと
塗り進めているものです。

主役は中央の横向きの花で、
上記の失敗から
徐々に色を重ねています。


今回は失敗しませんように。。。








【お申込み受付中】

「コロリアージュで
       カラーレッスン」 

Step 1 :  2/28、 3/9
Step 2 :  3/26
Step 3 : 4/23

受講料の特典もあります

*詳細は こちら



2016年2月24日水曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)~さて、どこから塗りはじめますか?

by Masumi Chiba





















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

このところ、色鉛筆や鉛筆削りなど
大人のぬり絵に関連する道具のお話を
たびたび取り上げてきました。

今日はいよいよ塗り方についてです。

さて、新しい図案に取りかかる時、
あなたはどこから塗りはじめますか?

最初にどこを塗るか?

実際に、これは人によってさまざまです。

まん中から塗りはじめる方もいれば、
端からの方もいらっしゃいます。
また、中心的な目立つパーツからだったり、
反対に目立ちにくい細部からだったり…。

どれが正解・不正解ということはありません。
好きな部分から思いのままに
塗り進めて構わないと思います。

構わないと思いますが、
カラーアドバイザーとして申し上げると、

全体の調和を考えるのであれば、
まずは 「主役」 です。

主役というのは、その図案の中で、
あなたがポイントにしたい部分です。

ポイントの色を確定させて、
それを中心にその他の色を配置していきます。

これは、
ぬり絵以外のカラーコーディネートも同じです。

例えば、
「今日のメイクのポイントは赤リップ!」
- なんて場合、赤リップが引き立つように
アイカラーの色を抑えめにしたり、
赤となじみの良いチークカラーを選んだりしますよね。

主役の色が決まれば、
脇役となる色合いもおのずと決まっていき、
全体のカラーリングがまとめやすくなります。

一度お試しになってみてください。


ところで、
上の写真は、現在制作中のコロリアージュです。
主役はカエルに決めて塗りはじめたのですが、
花の赤が少々鮮やかに出てしまいました。
( … と、こんなことも起こります。 (^^;)  )

これからバランスを調整つつ仕上げていくつもりです。
出来上がったらアップしますね。




【お申込み受付中】

「コロリアージュで
       カラーレッスン」 

Step 1 :  2/28、 3/9
Step 2 :  3/26
Step 3 : 4/23

受講料の特典もあります

*詳細は こちら



2016年2月22日月曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)~ 色鉛筆の単品購入で注意したいこと

Photo by Masumi Chiba




















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

2月17日の記事
「コロリアージュ(大人のぬり絵)
 ~ 色鉛筆は何色セットがおすすめ?」
の中で、 欲しい色の色鉛筆だけを
単品で購入することをご提案しました。

私も近々買いに行く予定ですが、
単品購入の際におすすめしたいことがあります。

それは、 色見本を持っていく ということです。

色見本といってもおおげさなものでなく、
現在持っている色鉛筆の色を乗せた
メモのようなものでOKです。

具体的な例を挙げると、
ピンクのバリエーションを増やしたい時は
手持ちの色鉛筆のピンク系で、
メモの一部を塗りつぶしておきます。

それがあれば、
そこに塗ってある色と比較して、
お目当ての見つけ出すことができます。

文具店や画材店では
色とりどりのたくさんの色鉛筆が並んでいて、
手がかりなしでは迷ってしまうこと必至。

思うような色が見つけられなかったり、
「この色!」 と思って買っても、
実際は欲しかった色と違っていたり・・・。

そのため、
色探しの基準になるものが必要なのです。


じつは、このことは色鉛筆だけに限りません。

私自身、ファッションやメイクカラーなどで
目的の色と異なるものを選んだり、
持っている色と同じような色を買ってしまったりと、
色選びの失敗は少なくありません。

色の記憶は
あてにならないものです。

そこで、今では欲しい色が明確な場合は、
その色のカラーカードなどを色見本として
必ず持っていくようにしています。


色鉛筆の話に戻りますね。

それから、もし可能であれば
お店で試し書きをしてみてください。

見た目・・・つまり、色鉛筆の軸の色で選ぶと、
描いた時の色と違っていることがあります。

試してみれば、実際の発色が分かる上に、
同時に芯の硬さや滑らかさなどもチェックできますから、
一石二鳥です。

ちょっとした手間で、
欲しい色が的確に選べますので、
色鉛筆の単品購入にはぜひ色見本をお持ちくださいね。




【お申込み受付中】

「コロリアージュで
       カラーレッスン」 

Step 1 :  2/28、 3/9
Step 2 :  3/26
Step 3 : 4/23

受講料の特典もあります

*詳細は こちら



2016年2月19日金曜日

コロリアージュでカラーレッスン 追加講座 と 特典 のご案内

by Masumi Chiba




















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

大人のぬり絵 と カラーの よくばりレッスン
「コロリアージュでカラーレッスン」
Step2 以降のスケジュールが決まりました!
Step1 と合わせてご紹介します。


【 開催日時・会場と講座内容 】
~お好きな講座だけ単独で受講できます~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Step1  *同じ内容で2回開催、ご都合の良い日をお選びください。

     2月28日(日)13:30~15:30
     会場 Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション) 

     3月9日(水)19:00~21:00
     会場 仙台市情報・産業プラザ(アエル)  

(内容) ・色の三属性         ・色の心理効果Ⅰ
      ・色鉛筆の特徴      ・グラデーションテクニック
      ・練習と自由制作

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Step2 3月26日(土)10:30~12:30 
     会場 Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション) 

(内容) ・色相を利用した表現  ・色の心理効果Ⅱ    
      ・重ね塗り          ・立体的な表現
      ・練習と自由制作  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Step3 4月23日(土)10:30~12:30 
     会場 Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション) 

(内容) ・トーンを利用した表現  ・色の心理効果Ⅲ  
      ・他の画材とのコラボレーション
      ・練習と自由制作  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【受講料・持ち物など】

・ 受講料  3,000円(教材費、消費税込) *特典あり!
・ 持ち物  筆記用具、 24色以上の色鉛筆
・ 定  員  6名様 (3月9日のみ8名様)


【 特 典 】

・ モニター講座を含む4回の講座のうち2講座以上受講の場合は、
 2講座目からの受講料が500円引き(2,500円)となります。

・ 3講座以上受講される方には、上記の特典に加え
 大人気の 「秘密の花園」 ポストカードをプレゼント☆


【 お申込方法 】  

こちらのお申込みフォーム より、
 開催日を記載の上 お申込みください。


コロリアージュやカラーが気になっている方や、
この講座に ピン!と来た方は、
ぜひ1度体験してみてください!

お申込みを心よりお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ コロリアージュとは?

フランス語で 「ぬり絵」 のことです。
しかし、これまでの大人のぬり絵とはちょっと違います。
名画などのお手本通りに描くタイプでなく、
花模様や幾何学模様などの模様を
好きな色で塗りつぶしていくものです。

気軽にできる良いストレス解消法として
フランス女性の間で流行し、
日本でも昨年から話題になっています。
色に触れ、楽しみながらアンチストレス、
リラクゼーション、脳トレ効果が得られます。


■ 講座の内容

コロリアージュを楽しみながら、
同時にカラーについて学んでしまおうという欲張りな講座です。
色彩の基礎、色鉛筆の色表現、
カラーコーディネート法などを取り上げます。 


■ こんな方におすすめです

・気軽にカラーの勉強をしてみたい方
・コロリアージュを体験してみたい方
・すでにコロリアージュを行っていて、色表現の幅を広げたい方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    

2016年2月18日木曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)~IROJITEN・色辞典 と 鉛筆削り

Photo by Masumi Chiba



















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

大人のぬり絵のための色鉛筆情報、
今日は IROJITEN(色辞典)と鉛筆削りを取り上げます。


■ IROJITEN(色辞典)

トンボ鉛筆の IROJITEN(色辞典)は、
その名の通り本のような素敵なパッケージ。

http://www.tombow.com/products/irojiten/

















中身も とっても個性的です☆
色鉛筆は 色のトーンごとに分けられ、第一集から第三集まで
それぞれ下の3つのトーンで構成されています。

第一集 : ペールトーン、 ビビッドトーン、 ディープトーン
第二集 : ペールトーンⅡ、 ディープトーンⅡ、 ライトグレイッシュトーン
第三集 : フローレセンス、 ベリーペールトーン、 ダルトーン

トーンごとに10色で、 1集(1セット)30本、
全集(3セット)揃えれば 合計90本のラインナップです。

それぞれのトーンのイメージは
下のトーンマップを参考になさってください。
(ここに含まれていない 「フローレセンス」 は、
 蛍光色のような鮮やかな色調、
 「ベーリーペールトーン」は、
 ペールトーンよりもさらに明るく淡い色調です。)






















トーンについて理解されている方には解りやすいのですが、
そうでないと 最初は使いにくいかもしれません。

それにしても、淡い色調の充実ぶりは大きな魅力です。
私は第二集、または淡い色を単品で買い足したいと思ってます♪

最初に購入するなら、第一集をおすすめします。
純色(ビビッド)、淡い色(ペール)、
深みのある色(ディープ)が揃います。
あとは必要に応じて・・・。


■ 鉛筆削り

こちらも必需品ですよね。
細かい部分を塗る時、
先端が丸いと塗りにくいですから。。。

私は一番上の写真の2種類を試しました。
ステッドラー・ノリスクラブ(左)と、
DUXシャープナー(右)です。

ステッドラー・ノリスクラブは
2種類の太さに対応していて、削りくずの始末も簡単です。
しかし、どの程度削れているのかが見えない点と、
切れ味がいまひとつな点がマイナスポイント。

DUXシャープナーは、
削りくずの始末がちょっと面倒ですが、
切れ味バツグンで、先端までしっかり削れます。

ということで、
私のおすすめはDUXシャープナーです。

講座の際には2つとも持参しますので、
興味のある方は試してみてくださいね!


*お知らせ*

現在お申込み受付中の下記講座以降の
スケジュールおよび内容が決定しました。
明日のブログでご紹介しますので、
どうぞお楽しみに。(特典もあります☆)


【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら



2016年2月17日水曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)~ 色鉛筆は何色セットがおすすめ?

Photo by Masumi Chiba



















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

前回の記事に引き続き、
コロリアージュ(大人のぬり絵)に関する
色鉛筆のお話です。

今日は、たいへん悩ましい
「何色セットを選べば良いか?」 
についてです。

この問題については、
私も最近までかなり悩みました。

色鉛筆のセット本数は、
多くの方が子どもの頃に使用する 12色、24色、
それより多い 30~40色、 さらに 60~70色、
そして贅沢感のある 90色、100色、150色、
これらが一般的だと思います。

100色にもなると見ているだけで楽しそうですが、
お値段は1万円を超えてしまいます。
そうなるとなかなか手が出ませんよね。

私も100~150色に憧れていますが、
実際に何色セットを買ったのか、
また、その結果セット本数についてどう思ったかなどを
ご紹介したいと思います。

■ 36色から60色へ

私が大人のぬり絵用として最初に購入したのは、
トンボ鉛筆の36色セットです。
確か2,000円くらいだったと思います。

TOMBO COLOR PENCILS 36















これでとりあえずはOKなのですが、
使っているうちにだんだんと
「色が足りない」、「もっと色が欲しい」
と思い始めました。

そして、最近購入したのが
ヴァンゴッホの60色セットです。
amazon で 6,000円ちょっとでした。

VAN GOGH pencils 60















さっそくこれで上の写真のぬり絵を始めたら、
すぐに「色が足りない!」と思いました。
今まで使っていたものより 24色も多いのにです。

その理由は、色の構成にありました。

ヴァンゴッホの60色は、ご覧の通り
黄~橙~赤 や 茶~グレー のバリエーションが豊富で、
私が好きな ピンク系、紫系は色数が少ないのです。

約4分の1を占める 茶~グレー系 は、
風景画を描く方には重宝すると思います。
しかし、植物などの図案が好きな私は
ほとんど使うことがないでしょう。

使いたい色は足りず、使わない色が多い
-という結果になりました。

それでもヴァンゴッホ特有の鮮やかな発色には
とても満足していますので、
購入して良かったと思っています。


■ 私の結論

この経験から私がおすすめするのは、

まずは 36色セットを購入し、使ってみて、
「もっと欲しい!」と思う色を単品で買い足す

-という方法です。

100色もあれば、
「色が足りない」と感じることは少ないと思います。
しかし、その一方で
使わない色もまた増えるのではないでしょうか。

ですから、
基本的な色に必要な色を加える、
これが合理的でムダのない方法だと思います。


「でも、やっぱり100色以上欲しいー!」という方や、
ご予算に余裕がある方は、
思い切って買っちゃいましょう!

だって、
美しい色々が身近にあるって素敵な事ですから☆

私も 「いつかはホルベインの150色を…」という野望は
捨てておりません。。。(^^)



【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら



2016年2月16日火曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)~ 色鉛筆選びのポイント

Photo by Masumi Chiba



















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。


先日開催した 「コロリアージュでカラーレッスン」 で、
たいへん盛り上がったのが 色鉛筆 の話題です。

なぜなら、
4名の受講者さんと私自身が持参した色鉛筆は
どれも違う商品だったからです。

三菱鉛筆、 トンボ鉛筆、 色辞典(トンボ鉛筆)、
ステッドラー、 ヴァンゴッホ、 この5種類。
人気の商品が勢ぞろい!!

他の人が持っているものはどれも素敵に見えて(笑)、
「講座の後に画材屋さんに見に行く!?」
なんて話も出るほどでした♪



さて、色鉛筆を選ぶ際、
どんな点に注意すれば良いでしょう?

私が最も大切なポイントだと考えるのは、

「どんな作品を作りたい(塗りたい)か?」

という点です。

コロリアージュ・ブームで、
書店にはたくさんの大人のぬり絵が並んでいます。

それらを眺め、
あなたが心惹かれるのはどんな作品でしょうか?

また、それをどのように塗ってみたいでしょうか?

大きめの図案を描くように塗りたいのであれば、
芯の柔らかいヴァンゴッホや、
後から筆でぼかせるステッドラーの水彩色鉛筆などが
適していると思います。

反対に細かな図案を繊細に仕上げたいのであれば、
芯が硬めの三菱、トンボなどがおすすめです。
細部までしっかりと塗ることができます。

色鉛筆は 「道具」 ですから、
目的に合わせるのが一番だと思います。


使いごごちに関して申しあげると、
(私個人の感想になりますが、)

三菱、トンボなどの日本製品は、
子どもの頃から親しんでいることもあり、
とても使いやすいです。

ステッドラーは
描きごこちが日本製より少し柔らかい感じで、
これも違和感なく使用できます。

ヴァンゴッホは
スルスルと滑らかな感触が心地よいのですが、
芯が柔らかいため折れやすく
筆圧の強い方は少々注意が必要です。

私はしまい方が悪く、芯が折れてしまいました。
(写真奥の左から5本目)(T T)


どんな図柄を塗りたいかという目的、使用感に加え、

「何色セットにするか?」

というのもかなり迷うところですよね。

次回はこの点についてお話ししたいと思います。





【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら



2016年2月15日月曜日

カラーの知識は 大人のぬり絵にどう活かせるでしょう?

by Masumi Chiba




















ご覧くださって、ありがとうございます。
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

昨日の記事 ( → こちら ) で、
大人のぬり絵(コロリアージュ)に関し、
「イメージを描くときも、色や塗り方を選ぶときも、
色の知識が役に立つ」 と書きました。

今日はそのへんのお話を・・・。


ちょっと想像してみてください。

あなたが料理をする際に、
調味料やスパイスに関する知識や、
煮たり、焼いたりといった調理方法に詳しいと、
1つの素材でも料理のバリエーションは広がりますよね。

色もそれと同じなんです。

色の知識と活用法を知っていると、
ファッションも、インテリアも、ビジネス資料も、ぬり絵も、
カラー表現のバリエーションが広がります。

それぞれの色にはどんな特徴があるか、
色の組み合わせ方にはどのような方法があるか、
また、その組み合わせからどのような効果が生まれるか、

これらの知識はあなたの持ち駒となって、
「こんな風にしたいな…」とイメージするときも、
描いたイメージを形にするときにも役立ってくれます。

つまり、インスピレーションのもとにもなるし、
想像を実現するときの手法にもなるのです。

これが「色の知識が役立つ」と申し上げた理由です。


ところで、上の写真は
私が現在制作注のコロリアージュです。

この色を選ぶ際に私がどんなことを考えたか、
例としてご紹介しますね。

まず下絵を見た時、
髪の毛の表現をポイントにしようと思いました。

そして、現実的でない色、神秘的な色にしたいと考え、
青を選びました。

さらに、

・淡いトーンと深いトーンのグラデーションで立体感を出す
・青だけでなく、類似色の青緑、青紫を加えて変化を出す
・青緑~青~青紫と並べて色相グラデーションにする
・青緑は下の方に配置して植物の緑と調和させる
・花は髪の毛に負けない鮮やかなトーンにする
・イヤリングは髪に使った青紫でコーディネート 

などのアイディアを思い浮かべました。

こんなふうにあれこれ考えて色を塗れば、
きっと脳も活性化するのではないかと思っていますが、
果たして実際はいかがでしょう・・・。(^^;)


関連記事
・ コロリアージュは色選びがポイント



【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら



2016年2月14日日曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)は なぜ脳トレ効果があるのか?


Photo by Masumi Chiba




















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

最近、嬉しいことに「テレビ見ましたよ!」と
お声がけいただくことがあります。

そして、たいていコロリアージュの話へと進みます。
たくさんの方が興味をお持ちのようですね♪

そこで、
コロリアージュ(大人のぬり絵)に関するお話、
-例えば、色鉛筆選びや塗り方なども、
取り上げていきたいと思います。

今日は、ぬり絵の脳トレ効果についてです。


■ 川島隆太教授によると・・・

テレビ放映ご報告の記事 の中で、
川島教授がぬり絵は脳の活性化に効果があることを
認めていらっしゃることをご紹介しました。

じつは、川島教授のお話には続きがあります。

『なぜ ぬり絵で脳がいっぱい働くかというと、
 できあがりのイメージがあるからです。
 できあがりに向かってステップを歩んでいくというのが
 前頭前野をたくさん使う方法のひとつです。』

さらに、衝撃的なご発言も・・・

『脳の働きは年をとると落ちると勘違いされていますが、
 実際に測定すると、20歳を過ぎると全員まっすぐに
 落ちていきます。
 なので、(ぬり絵は)20代の方も、30代の方も、
 60代・70代の方にも全員に同じ効果があります。』

ということで、
私を含む成人全員に効果があるのですね。


■ 脳の活性化に効果的な塗り方は?

川島先生のお話の中に、
「できあがり(のイメージ)に向かってステップを歩む」
というお言葉がありました。

具体的には、

イメージを描く 
→ それに合わせて色や塗り方を選ぶ

ということになると思います。


イメージを描くときも、色や塗り方を選ぶときも、
色の知識が役に立つと私は感じていますが、
そのへんのお話は、また次回に。



【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら




2016年2月13日土曜日

カラーコーディネート応用編-5. セパレーション

Photo by Masumi Chiba

ご覧くださって、ありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

前回まで、
「コロリアージュでカラーレッスン」に関する
記事が続きましたが、
今日はカラーコーディネート講座に戻ります。

今回取り上げるのは、セパレーションです。

■ セパレーションとは?

セパレーション(separation)は、
分離、独立 という意味です。

カラーコーディネートでは、
境界線が分りにくい2つの色の間に
他の色を差し込むことで、
2色をハッキリと分けることをいいます。

例えば、下の写真の上の配色は、
文字がぼんやりとして読みにくいですね。

そこで、
背景色と文字色との間に白を差し込んで、
2色を分離させると、
文字がぐっと読みやすくなります。



セパレーションでは、白、黒、グレーといった
モノトーンの使用が効果的です。


■ セパレーションの活用

セパレーションは上の例のように、
文字などビジュアル表現でよく見られ、
ビジネスではパワーポイントのスライドや
ウエブデザイン、ちらし などに多用されています。

また、ファッションにおいても、
トップとボトムをベルトの色によって
はっきり分けるなどの利用法があります。

下のバッグのデザインもセパレーションですが、
真ん中の黒の主張が強く、
アクセント効果も生まれています。



















因みに、一番上の風景写真では、
看板に描かれた白い円が、
看板の地色であるバーガンディーと枠のダークブラウンの
セパレーションカラーとなっています。

アクセントやグラデーションと同様に
セパレーションも活用範囲が広いので、
覚えておくと、役立つ場面があると思います。




【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら

2016年2月11日木曜日

「コロリアージュでカラーレッスン」が ミヤギテレビさんの番組で紹介されました





















ご覧くださって、ありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

2月6日に Studio LUMO Collection さんで開催した
「コロリアージュでカラーレッスン」が
本日放送のミヤギテレビさんの番組で紹介されました。

取り上げていただいたのは、
人気番組「OH!バンデス」に続いて放送される
「ミヤギ news every」 内の
「くらしのミカタ」 というコーナーです。

大人のぬり絵人気を取り上げた特集の中で、
書店でぬり絵が、画材店では色鉛筆が
売れていることに引き続き、
今回の講座の映像が登場しました。

講座序盤の色彩の解説を真剣に聴いてくださっている受講者さん












緊張で顔が硬くなってます。














これらの画像はちょっと硬い雰囲気ですが
(特に私は緊張のため顔がひきつってますが)、
映像の中には受講者さんの素敵な笑顔がしっかり写っていて、
楽しい雰囲気が伝わったのではないかと思います。

また、この後には
脳トレで有名な東北大学加齢医学研究所の
川島隆太教授のコメントが流れ、

『(ぬり絵を)一生懸命塗っていると、
 右脳も左脳も 両方ともいっぱい働く』

ということです。

楽しさに加え、脳の活性化という観点からも、
大人のぬり絵人気はまだまだ続きそうですね。

それと同時に、
色に興味を持つ方が増えることを願っています。


今回の取材および放送に関し、
ミヤギテレビの盛朋子アナウンサーをはじめとする
スタッフの方々、会場の Studio LUMO Collection さん、
そして受講されたみな様に、いろいろとご協力・
ご配慮いただいたことに感謝申し上げます。



【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら

2016年2月8日月曜日

コロリアージュでカラーレッスン Step1・仙台 開講のお知らせ

by Masumi Chiba
















ご覧くださって ありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

「コロリアージュでカラーレッスン」 の
開催スケジュールが決定しました。

今回は 「Step1」 ということで、
色彩の基礎や、色鉛筆の基本テクニックなど
初めての方にぴったりの内容です。

同じ内容で、日曜午後 と 平日夜 の2回行いますので、
ご都合のよろしい日時をお選びの上、ぜひご参加ください。

また、今後は月に1~2回のペースで、
内容を変えながら開講していく予定です。
どうぞお楽しみに!



「コロリアージュでカラーレッスン Step1」
  ~大人のぬり絵で 楽しみながらカラーセンスアップ!~


休日にゆったりと ・・・

・ 日  時  2月28日(日) 13:30~15:30
・ 会  場  Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション)
         仙台市青葉区中央2-10-1 第二勝山ビル5F
・ 持ち物  筆記用具、 24色以上の色鉛筆
・ 受講料  3,000円(教材費、消費税込)
・ 定  員  6名様


● お仕事帰りにほっこりと ・・・

・ 日  時  3月9日(水) 19:00~21:00
・ 会  場  仙台市情報・産業プラザ(アエル) 主催者・来賓控室
         仙台市青葉区中央1-3-1 5F
・ 持ち物  筆記用具、 24色以上の色鉛筆
・ 受講料  3,000円(教材費、消費税込)
・ 定  員  8名様


*お申込  こちらのお申込みフォーム より、
        開催日を記載の上 お申込みください。




■ コロリアージュとは?

フランス語で 「ぬり絵」 のことです。
しかし、これまでの大人のぬり絵とはちょっと違います。
名画などのお手本通りに描くタイプでなく、
花模様や幾何学模様などの模様を
好きな色で塗りつぶしていくものです。

気軽にできる良いストレス解消法として
フランス女性の間で流行し、
日本でも昨年から話題になっています。
色に触れ、楽しみながらアンチストレス、
リラクゼーション、脳トレ効果が得られます。


■ 講座の内容

コロリアージュを楽しみながら、
同時にカラーについて学んでしまおうという欲張りな講座です。
色彩の基礎、色鉛筆の色表現、
カラーコーディネート法などを取り上げます。 


■ こんな方におすすめです

・気軽にカラーの勉強をしてみたい方
・コロリアージュを体験してみたい方
・すでにコロリアージュを行っていて、色表現の幅を広げたい方




       

2016年2月7日日曜日

「コロリアージュでカラーレッスン」@仙台 開催しました!





















ご覧くださってありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

昨日(2月6日)、
「コロリアージュでカラーレッスン」 を開催しました。

この講座はシンプルな
「大人のぬり絵教室」ではありません。

タイトル通り色彩学の要素を盛り込んだ
大人のぬり絵とカラーの欲張り講座です。

色彩に関するレクチャーを
ぬり絵で確認していきますので、
楽しみながら色を学んでいただけます。

課題に沿って色を塗るワークの最中は
皆様 終始無言で、
ものすごい集中力を発揮されます。

このように集中して作業を行うことが、
ストレス解消や脳の活性化につながり、
ある種の快感(=楽しさ)が生まれるわけですね。


















ところで、この写真の左側に
カメラマンさんが写っています。

じつは今回の講座には、
ミヤギテレビさんが取材にいらっしゃいました。
スタッフの方々もコロリアージュに
興味津々のご様子でした。

下の写真は最後に取り組んだワークです。
未完成ながら、選ぶ色も、塗り方も、
それぞれに個性があふれています。

コロリアージュは一人の作業ですが、
自分と違う個性に出会えるのは
グループワークならではの面白さですね。


















講座を終えた皆様のご感想は・・・

『ぬりえやカラーに興味があり、申し込みました。
 他の人の配色は自分とだいぶちがうので、
 とても参考になりました。』

『自分の中のむじゃきさがあふれ出てきて、
 おもしろかったです。』

『あっと言う間の時間でした。
 ぬり絵と言っても様々なものがあることが分り、
 コロリアージュは新たな発見になりました。
 改めて色の楽しさを知りました。』

『とても楽しかったです。
 先生のお話もききやすく、また参加したいと思います。』

『色彩のお話やぬり方のテクニック・練習など
 とってもおもしろかったです。

楽しんでいただけたようで、
講師としてホッと一安心しています。


さて、大変嬉しいことに
次の開講についてのお問合せをいただいています。

現在調整中で、近日中には
開講スケジュールをお伝えできる見込みです。
どうぞお楽しみに!



2016年2月4日木曜日

カラーコーディネート応用編-4. グラデーション その2

Photo by Masumi Chiba





















ご覧くださって
ありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。


グラデーション その2 は、
前回の問題の答えからです。

■ 問題
写真のカラフルな4本の柱の色は
グラデーションでしょうか?

柱どうしの間隔が広いこともあり、
ちょっと判りづらいかもしれませんね。

では、柱の色を左側から確認してみましょう。
*モニターによって色の見え方が異なる場合があります。

純色より明るめのトーンですが、
色相としては、

 ・ 青 (ちょっとだけ緑み)
 ・ 赤紫
 ・ だいだい
 ・ 黄緑

この4色です。

色相環でそれぞれの色の位置を確認すると…

















青から黄緑まで、
時計回りで順番に並んでいます。

「だいだい」を、
「赤みのだいだい」と「黄みのだいだい」の
中間に位置していると考えると、
色と色との間隔は2~2.5色でほぼ同じです。

ですから、この4色は
グラデーションと捉えて良いでしょう。

それぞれの色が独立しつつも、
色の変化に流れや統一感を感じます。

この順番が違っていたら、
- 例えば、赤紫とだいだいが入れ替わったら、どうでしょう?

あるいは、色どうしの間隔がまちまちで、
青、青紫、赤、緑 などという配色だったら…?

どちらも色の変化の統一感が失われ、
バラバラな感じになりますね。

このように色と色との間隔が大きくても、
等間隔で連続していれば、
グラデーションとなります。

ただし、あまり間隔が大きすぎると、
グラデーションに見えにくくなりますので、
ご注意を。



2016年2月1日月曜日

カラーコーディネート応用編-3. グラデーション その1

Photo by Masumi Chiba





















ご覧くださって
ありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

今回の
カラーコーディネート講座は、
グラデーションについてです。


■ グラデーションとは?

グラデーションとは、
色が少しずつ段階的に変化することです。

色数が多くても
変化の連続性により統一感が得られ
まとまった印象になります。


■ グラデーションのバリエーション

色の要素である色相、明度、彩度、
あるいはトーン(明度 + 彩度)の
それぞれでグラデーションをつくることができます。

上の写真は、
講座でよく使用するカラーカードですが、
扇状に広げた部分は
色相グラデーションになっています。

一番左側の紫みの赤から、
右側に見える紫まで、
色相がとてもなめらかに変化していますね。

同様に、
明度を変化させれば明度グラデーションに、
彩度を変化させれば彩度グラデーションに、
明度と彩度の両方を変化させれば
トーングラデーションになります。


さて、ここで問題です。
下の写真に映っているカラフルな4本の柱は
グラデーションでしょうか?

答えは次回の記事で…。


Photo by Masumi Chiba