2016年2月16日火曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)~ 色鉛筆選びのポイント

Photo by Masumi Chiba



















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。


先日開催した 「コロリアージュでカラーレッスン」 で、
たいへん盛り上がったのが 色鉛筆 の話題です。

なぜなら、
4名の受講者さんと私自身が持参した色鉛筆は
どれも違う商品だったからです。

三菱鉛筆、 トンボ鉛筆、 色辞典(トンボ鉛筆)、
ステッドラー、 ヴァンゴッホ、 この5種類。
人気の商品が勢ぞろい!!

他の人が持っているものはどれも素敵に見えて(笑)、
「講座の後に画材屋さんに見に行く!?」
なんて話も出るほどでした♪



さて、色鉛筆を選ぶ際、
どんな点に注意すれば良いでしょう?

私が最も大切なポイントだと考えるのは、

「どんな作品を作りたい(塗りたい)か?」

という点です。

コロリアージュ・ブームで、
書店にはたくさんの大人のぬり絵が並んでいます。

それらを眺め、
あなたが心惹かれるのはどんな作品でしょうか?

また、それをどのように塗ってみたいでしょうか?

大きめの図案を描くように塗りたいのであれば、
芯の柔らかいヴァンゴッホや、
後から筆でぼかせるステッドラーの水彩色鉛筆などが
適していると思います。

反対に細かな図案を繊細に仕上げたいのであれば、
芯が硬めの三菱、トンボなどがおすすめです。
細部までしっかりと塗ることができます。

色鉛筆は 「道具」 ですから、
目的に合わせるのが一番だと思います。


使いごごちに関して申しあげると、
(私個人の感想になりますが、)

三菱、トンボなどの日本製品は、
子どもの頃から親しんでいることもあり、
とても使いやすいです。

ステッドラーは
描きごこちが日本製より少し柔らかい感じで、
これも違和感なく使用できます。

ヴァンゴッホは
スルスルと滑らかな感触が心地よいのですが、
芯が柔らかいため折れやすく
筆圧の強い方は少々注意が必要です。

私はしまい方が悪く、芯が折れてしまいました。
(写真奥の左から5本目)(T T)


どんな図柄を塗りたいかという目的、使用感に加え、

「何色セットにするか?」

というのもかなり迷うところですよね。

次回はこの点についてお話ししたいと思います。





【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら



0 件のコメント :

コメントを投稿