2016年2月18日木曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)~IROJITEN・色辞典 と 鉛筆削り

Photo by Masumi Chiba



















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

大人のぬり絵のための色鉛筆情報、
今日は IROJITEN(色辞典)と鉛筆削りを取り上げます。


■ IROJITEN(色辞典)

トンボ鉛筆の IROJITEN(色辞典)は、
その名の通り本のような素敵なパッケージ。

http://www.tombow.com/products/irojiten/

















中身も とっても個性的です☆
色鉛筆は 色のトーンごとに分けられ、第一集から第三集まで
それぞれ下の3つのトーンで構成されています。

第一集 : ペールトーン、 ビビッドトーン、 ディープトーン
第二集 : ペールトーンⅡ、 ディープトーンⅡ、 ライトグレイッシュトーン
第三集 : フローレセンス、 ベリーペールトーン、 ダルトーン

トーンごとに10色で、 1集(1セット)30本、
全集(3セット)揃えれば 合計90本のラインナップです。

それぞれのトーンのイメージは
下のトーンマップを参考になさってください。
(ここに含まれていない 「フローレセンス」 は、
 蛍光色のような鮮やかな色調、
 「ベーリーペールトーン」は、
 ペールトーンよりもさらに明るく淡い色調です。)






















トーンについて理解されている方には解りやすいのですが、
そうでないと 最初は使いにくいかもしれません。

それにしても、淡い色調の充実ぶりは大きな魅力です。
私は第二集、または淡い色を単品で買い足したいと思ってます♪

最初に購入するなら、第一集をおすすめします。
純色(ビビッド)、淡い色(ペール)、
深みのある色(ディープ)が揃います。
あとは必要に応じて・・・。


■ 鉛筆削り

こちらも必需品ですよね。
細かい部分を塗る時、
先端が丸いと塗りにくいですから。。。

私は一番上の写真の2種類を試しました。
ステッドラー・ノリスクラブ(左)と、
DUXシャープナー(右)です。

ステッドラー・ノリスクラブは
2種類の太さに対応していて、削りくずの始末も簡単です。
しかし、どの程度削れているのかが見えない点と、
切れ味がいまひとつな点がマイナスポイント。

DUXシャープナーは、
削りくずの始末がちょっと面倒ですが、
切れ味バツグンで、先端までしっかり削れます。

ということで、
私のおすすめはDUXシャープナーです。

講座の際には2つとも持参しますので、
興味のある方は試してみてくださいね!


*お知らせ*

現在お申込み受付中の下記講座以降の
スケジュールおよび内容が決定しました。
明日のブログでご紹介しますので、
どうぞお楽しみに。(特典もあります☆)


【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら



0 件のコメント :

コメントを投稿