2016年2月4日木曜日

カラーコーディネート応用編-4. グラデーション その2

Photo by Masumi Chiba





















ご覧くださって
ありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。


グラデーション その2 は、
前回の問題の答えからです。

■ 問題
写真のカラフルな4本の柱の色は
グラデーションでしょうか?

柱どうしの間隔が広いこともあり、
ちょっと判りづらいかもしれませんね。

では、柱の色を左側から確認してみましょう。
*モニターによって色の見え方が異なる場合があります。

純色より明るめのトーンですが、
色相としては、

 ・ 青 (ちょっとだけ緑み)
 ・ 赤紫
 ・ だいだい
 ・ 黄緑

この4色です。

色相環でそれぞれの色の位置を確認すると…

















青から黄緑まで、
時計回りで順番に並んでいます。

「だいだい」を、
「赤みのだいだい」と「黄みのだいだい」の
中間に位置していると考えると、
色と色との間隔は2~2.5色でほぼ同じです。

ですから、この4色は
グラデーションと捉えて良いでしょう。

それぞれの色が独立しつつも、
色の変化に流れや統一感を感じます。

この順番が違っていたら、
- 例えば、赤紫とだいだいが入れ替わったら、どうでしょう?

あるいは、色どうしの間隔がまちまちで、
青、青紫、赤、緑 などという配色だったら…?

どちらも色の変化の統一感が失われ、
バラバラな感じになりますね。

このように色と色との間隔が大きくても、
等間隔で連続していれば、
グラデーションとなります。

ただし、あまり間隔が大きすぎると、
グラデーションに見えにくくなりますので、
ご注意を。



0 件のコメント :

コメントを投稿