2016年1月18日月曜日

「サイケデリックカラー」をご存知ですか?

Photo by Masumi Chiba























ご覧くださって ありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の千葉真須美です。

先日ある新聞の投書欄に、80代の読者からの
お正月TV番組に対するご意見が掲載されていました。

その中に、バラエティ番組のセットは
どれも色彩が 「サイケ調」 で、
刺激が強く、幅広い年代の人々が見るのに
ふさわしくないというご指摘が含まれていました。

さて、「サイケ調」 と聞いて、
どんな色か頭に浮かびますか?

ある年代以上の方、あるいは色を勉強された方は
ご存知かと思いますが、「サイケ」 とは
「サイケデリック (Psychedelic) 」の略です。

サイケデリックとは、原色や蛍光色を多用した
派手なデザインやファッションなどを指します。

サイケデリックカラーは1969~1971年頃の流行色で、
蛍光色のように鮮やかで刺激的な色のことです。
代表色は 紫、ピンク、黄緑 など。
LSDなどのドラッグによる幻覚症状で
見られる色と言われています。

写真のパッケージ色がそれに近いと思います。
( 4年前にパリのスーパーで見つけた
 ボックスティシューで、右側の箱に
 描かれているのは 高田賢三さん!)

現代人の目は、高性能なディスプレイの
テレビ、PC、スマホなどの影響で、
明るさや鮮やかさに慣れてしまっています。

それに伴い、作り手側も
より彩度(鮮やかさ)の高い色を提供します。

その結果、高彩度色に慣れていない方々の目には、
このご意見のように 「サイケ調」 の色と
映るのではないかと思います。

色の鮮やかさに対する配慮が
必要になってきているようですね。




*残り2席となりました

2月6日開催
「コロリアージュでカラーレッスン」
   ~大人のぬり絵で
  楽しみながらカラーセンスアップ!~

 → 詳細は こちら 


0 件のコメント:

コメントを投稿