2016年2月13日土曜日

カラーコーディネート応用編-5. セパレーション

Photo by Masumi Chiba

ご覧くださって、ありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

前回まで、
「コロリアージュでカラーレッスン」に関する
記事が続きましたが、
今日はカラーコーディネート講座に戻ります。

今回取り上げるのは、セパレーションです。

■ セパレーションとは?

セパレーション(separation)は、
分離、独立 という意味です。

カラーコーディネートでは、
境界線が分りにくい2つの色の間に
他の色を差し込むことで、
2色をハッキリと分けることをいいます。

例えば、下の写真の上の配色は、
文字がぼんやりとして読みにくいですね。

そこで、
背景色と文字色との間に白を差し込んで、
2色を分離させると、
文字がぐっと読みやすくなります。



セパレーションでは、白、黒、グレーといった
モノトーンの使用が効果的です。


■ セパレーションの活用

セパレーションは上の例のように、
文字などビジュアル表現でよく見られ、
ビジネスではパワーポイントのスライドや
ウエブデザイン、ちらし などに多用されています。

また、ファッションにおいても、
トップとボトムをベルトの色によって
はっきり分けるなどの利用法があります。

下のバッグのデザインもセパレーションですが、
真ん中の黒の主張が強く、
アクセント効果も生まれています。



















因みに、一番上の風景写真では、
看板に描かれた白い円が、
看板の地色であるバーガンディーと枠のダークブラウンの
セパレーションカラーとなっています。

アクセントやグラデーションと同様に
セパレーションも活用範囲が広いので、
覚えておくと、役立つ場面があると思います。




【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら

0 件のコメント :

コメントを投稿