2016年2月17日水曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)~ 色鉛筆は何色セットがおすすめ?

Photo by Masumi Chiba



















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

前回の記事に引き続き、
コロリアージュ(大人のぬり絵)に関する
色鉛筆のお話です。

今日は、たいへん悩ましい
「何色セットを選べば良いか?」 
についてです。

この問題については、
私も最近までかなり悩みました。

色鉛筆のセット本数は、
多くの方が子どもの頃に使用する 12色、24色、
それより多い 30~40色、 さらに 60~70色、
そして贅沢感のある 90色、100色、150色、
これらが一般的だと思います。

100色にもなると見ているだけで楽しそうですが、
お値段は1万円を超えてしまいます。
そうなるとなかなか手が出ませんよね。

私も100~150色に憧れていますが、
実際に何色セットを買ったのか、
また、その結果セット本数についてどう思ったかなどを
ご紹介したいと思います。

■ 36色から60色へ

私が大人のぬり絵用として最初に購入したのは、
トンボ鉛筆の36色セットです。
確か2,000円くらいだったと思います。

TOMBO COLOR PENCILS 36















これでとりあえずはOKなのですが、
使っているうちにだんだんと
「色が足りない」、「もっと色が欲しい」
と思い始めました。

そして、最近購入したのが
ヴァンゴッホの60色セットです。
amazon で 6,000円ちょっとでした。

VAN GOGH pencils 60















さっそくこれで上の写真のぬり絵を始めたら、
すぐに「色が足りない!」と思いました。
今まで使っていたものより 24色も多いのにです。

その理由は、色の構成にありました。

ヴァンゴッホの60色は、ご覧の通り
黄~橙~赤 や 茶~グレー のバリエーションが豊富で、
私が好きな ピンク系、紫系は色数が少ないのです。

約4分の1を占める 茶~グレー系 は、
風景画を描く方には重宝すると思います。
しかし、植物などの図案が好きな私は
ほとんど使うことがないでしょう。

使いたい色は足りず、使わない色が多い
-という結果になりました。

それでもヴァンゴッホ特有の鮮やかな発色には
とても満足していますので、
購入して良かったと思っています。


■ 私の結論

この経験から私がおすすめするのは、

まずは 36色セットを購入し、使ってみて、
「もっと欲しい!」と思う色を単品で買い足す

-という方法です。

100色もあれば、
「色が足りない」と感じることは少ないと思います。
しかし、その一方で
使わない色もまた増えるのではないでしょうか。

ですから、
基本的な色に必要な色を加える、
これが合理的でムダのない方法だと思います。


「でも、やっぱり100色以上欲しいー!」という方や、
ご予算に余裕がある方は、
思い切って買っちゃいましょう!

だって、
美しい色々が身近にあるって素敵な事ですから☆

私も 「いつかはホルベインの150色を…」という野望は
捨てておりません。。。(^^)



【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら



0 件のコメント :

コメントを投稿