2019年9月2日月曜日

色彩検定対策はもちろん、眺めるだけでも楽しい!~「日本の269色」




ご覧くださって、ありがとうございます。
カラーリスト・色彩講師の 千葉真須美 です。

今日は本のご紹介です。


「日本の269色」永田康弘 監修(小学館文庫)


日本工業規格(JIS Z 8102:2001)の
「物体色の色名」をもとに編集された文庫本で、
大変お手軽な色彩小辞典です。

色彩検定を受験される方には大変良い参考書ですし、
試験に興味の無い方にとっても
眺めているだけで十分楽しい本だと思います。





















内容的には「物体色の色名」全269色について

・色見本
・慣用色名
・系統色名と略記号
・マンセル値
・解説

などが掲載されています。


例えば、

「ばら(薔薇)色」は画像のような色合いで、
「ばら(薔薇)色」というのは 慣用色名 です。
*慣用色名:私たちが日常的に使っている色の名前

その下の「あざやかな赤 vv-R」
系統色名 で表された色名とその略記号。
*慣用色名:色を系統的に表した色名、形容詞+基本色名

右下の「1R 5/13」マンセル値 です。



じつは、この本は2002年に出版され、
その後絶版となり、一時期手に入らない状況でした。
(因みに、私の物は2002年1月発行の初版です。)

しかし、近年は電子書籍で購入することが可能になり、
Kindle版では800円程度で販売されています。

たくさんの色の辞典が出版され、
私も何冊も所有していますが、
手にする回数が最も多いのはこの本です。

小学館の回し者ではありませんが、
色彩検定受験者はもちろん、
色好きの方に強くお薦めしたい1冊です!






2019年8月26日月曜日

あなたは生まれた曜日の色は?~ タイの色彩文化

https://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page


ご覧くださって、ありがとうございます。
カラーリスト・色彩講師の 千葉真須美 です。

私の活動拠点である仙台とタイの首都バンコクとを結ぶ
タイ国際航空の国際線が10月30日に就航します。
旅行好きの私にとっては嬉しいニュースです。

ところで、タイといえば、
私の頭に思い浮かぶのは 曜日の色 です。

タイでは曜日毎の色が決まっていて、
自分が生まれた曜日の色を身につけたりするそうです。

つまり、タイの方々は自分が何曜日に生まれたかを
ご存知ということですね。

それぞれの曜日の色は…

 ・日曜日: 赤
 ・月曜日: 黄色
 ・火曜日: ピンク
 ・水曜日: 緑
 ・木曜日: オレンジ
 ・金曜日: 青
 ・土曜日: 紫

私は金曜日生まれなので、
青がラッキーカラーとなるようです。

さて、前述のタイ国際航空のイメージカラーは
上の画像の通り紫がメイン。
機体も、機内も、クルーの制服にも紫が取り入れられ、
なんとなく高貴な雰囲気が漂っています。

紫は土曜日の色ですから、
週末はタイ国際航空を利用して素敵な旅を!
-というメッセージが込められているのかもしれませんね。

*画像はタイ国際航空のHPよりお借りしました




2019年8月19日月曜日

検定試験を利用して実力をつける!~色彩検定冬期試験 活用法

photo by Masumi Chiba



ご覧くださって、ありがとうございます。
カラーリスト・色彩講師の 千葉真須美 です。

今日の仙台は、突然夏が終わったかのような涼しさです。
猛暑から解放されて ホッと一息。。。

そして今日の話題は「冬」関連です!

色彩検定試験 冬期試験 が 11月に実施されます。

私は色を学ぶ方に
検定試験の受験をおすすめしています。

なぜなら、試験のテキストは
色に関する基礎的な知識を体系的に学べるように
構成されているからです。
そして、試験合格という目標があった方が
学習へのモチベーションが上がりますよね。

しかし、その一方で、試験に合格しても
色を活用できるようになるとは限りません。

試験に合格するだけなら、2・3級の場合
1~2週間程度の猛勉強で可能です。
しかし、そんな詰込み式の学習で合格したとしても
残念ながら実践力は身に付かないからです。

では、どうすれば試験対策と同時に
実践力も身に付けることができるでしょうか?

そのためには
手間ひまかけて勉強する ことが必要です。

例えば 2・3級なら
2ヶ月前後の余裕のあるスケジュールを組み、
テキストを丁寧に読み内容を理解しながら、

 ・身の回りの色を色名で表現してみる
 ・テキストで学んだ配色を探して集めてみる
 ・カラーカードで配色練習をしてみる など

とにかく実践する。これが大切です。

語学学習と全く同じですね。
単語や文法を覚えても、
それらを使って 声に出す練習をしなければ
いつまでも話すことはできません。

検定試験とそのテキストを利用して、
実践(=実技練習)を十分に行いながら試験対策を行う。

これなら効率良く色彩力を身に付け、
試験に合格することが可能です。

丁度これからが色彩検定冬期試験を見据えて
学習に取り組む良いタイミングです。

冬に向けて色の学習にチャレンジしてみませんか?



*試験に関する情報はこちら
   ↓ ↓ ↓
 AFT色彩検定 公式サイト