2016年2月15日月曜日

カラーの知識は 大人のぬり絵にどう活かせるでしょう?

by Masumi Chiba




















ご覧くださって、ありがとうございます。
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

昨日の記事 ( → こちら ) で、
大人のぬり絵(コロリアージュ)に関し、
「イメージを描くときも、色や塗り方を選ぶときも、
色の知識が役に立つ」 と書きました。

今日はそのへんのお話を・・・。


ちょっと想像してみてください。

あなたが料理をする際に、
調味料やスパイスに関する知識や、
煮たり、焼いたりといった調理方法に詳しいと、
1つの素材でも料理のバリエーションは広がりますよね。

色もそれと同じなんです。

色の知識と活用法を知っていると、
ファッションも、インテリアも、ビジネス資料も、ぬり絵も、
カラー表現のバリエーションが広がります。

それぞれの色にはどんな特徴があるか、
色の組み合わせ方にはどのような方法があるか、
また、その組み合わせからどのような効果が生まれるか、

これらの知識はあなたの持ち駒となって、
「こんな風にしたいな…」とイメージするときも、
描いたイメージを形にするときにも役立ってくれます。

つまり、インスピレーションのもとにもなるし、
想像を実現するときの手法にもなるのです。

これが「色の知識が役立つ」と申し上げた理由です。


ところで、上の写真は
私が現在制作注のコロリアージュです。

この色を選ぶ際に私がどんなことを考えたか、
例としてご紹介しますね。

まず下絵を見た時、
髪の毛の表現をポイントにしようと思いました。

そして、現実的でない色、神秘的な色にしたいと考え、
青を選びました。

さらに、

・淡いトーンと深いトーンのグラデーションで立体感を出す
・青だけでなく、類似色の青緑、青紫を加えて変化を出す
・青緑~青~青紫と並べて色相グラデーションにする
・青緑は下の方に配置して植物の緑と調和させる
・花は髪の毛に負けない鮮やかなトーンにする
・イヤリングは髪に使った青紫でコーディネート 

などのアイディアを思い浮かべました。

こんなふうにあれこれ考えて色を塗れば、
きっと脳も活性化するのではないかと思っていますが、
果たして実際はいかがでしょう・・・。(^^;)


関連記事
・ コロリアージュは色選びがポイント



【お申込み受付中】

「コロリアージュで
 カラーレッスン Step1」

休日にゆったりと …
2月28日(日)13:30~15:30
お仕事帰りにほっこりと …
3月9日(水)19:00~21:00

*詳細は こちら



0 件のコメント :

コメントを投稿