2017年5月4日木曜日

水彩色鉛筆で ぬり絵にチャレンジ!

colored by Masumi Chiba

ご覧くださって、
ありがとう
ございます。

仙台を拠点に
カラーアドバイザー
・色彩講師として
活動中の
千葉真須美 です。

5月に入り、
仙台も新緑が美しい
季節となりました。

日々変化する
自然の色合いは、
カラーコーディネートの最高のお手本ですね。


ところで、
先々月、中村佑介ぬりえブック『COLOR ME』
第一回ぬりえコンテストに入賞した記念に、
自分へのプレゼントとして 水彩色鉛筆 を購入しました。

初めての水彩色鉛筆、
それがこちらです!

Photo by Masumi Chiba
















ファーバーカステル社の
アルブレヒト デューラー水彩色鉛筆で、
大奮発の120色セット。

なんだか使うのが惜しくて
しばらくは眺めて楽しんでいましたが (笑)、
思い切って試してみたのが一番上の作品です。

使い勝手が分からず、
とりあえず普通に塗ってから
水を含ませた筆でなぞってみると…

色鉛筆の粒子が溶けて
なめらかな質感になるだけでなく、
驚くほど発色が良くなりました。

色によって差はありますが、
水無しの時より 彩度(色の鮮やかさ)が
2~3段階上がったように感じます。

この鮮やかな発色は
水彩色鉛筆の大きな魅力でしょうね。

その一方で、
鮮やかさが増すことを念頭に置いて、
色を選んだり、塗り方を加減するなど
ちょっとした工夫が必要だと思いました。

水無し・水ありの色の変化が分かるように
カラーチャートを作っておくと良さそうですね。

また、
水彩色鉛筆作品は 写真写りが良いです。

色鉛筆で塗った作品の写真を撮ったら、
色が飛んでしまい、
今一つきれいに写らなかった、
- なんて経験はありませんか?

水彩色鉛筆作品の写真は、
実物に近い鮮やかさです。
SNSにぬり絵作品をアップされている方には
この点も魅力の一つになるのではないかと思います。

初めて水彩色鉛筆を使った感想はこんなところですが、
これからまた気付いた点などありましたら
ぬり絵作品と共にご紹介いたしますね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぬり絵を教材に学ぶ色彩の講座
第10回「ぬり絵でカラーレッスン」

・ 今回のテーマ 「色選びのヒント」
・ 日 時  5月20日(土)10:30~12:30
・ 会 場  Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション) 
・ 受講料  3,000円(教材費、消費税込)
・ 持ち物  筆記用具、 24色以上の色鉛筆
・ 定 員  限定 6名様

(内容) ・カラーに関するレクチャー、 練習と自由制作など

*お申込方法
  こちら の「お申込みフォーム」よりお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



0 件のコメント :

コメントを投稿