2016年9月5日月曜日

コロリアージュ/色選びのヒント 2 ~ トーンを揃えて統一感を

by Masumi Chiba



























ご覧くださって、
ありがとうございます。

仙台を拠点に
カラーアドバイザー・色彩講師として
活動中の 千葉真須美 です。

先週から、
11・12月に実施される色彩検定試験に向けての
講座や個人レッスンが始まりました。
いつものカラー講座とはまた違った緊張感を感じつつ、
より良いサポートができるようにと思案しているところです。

その一方で、講座のサンプル作りと
自分自身のリラクゼーションとを兼ねて、
コロリアージュも続けています。

今日は最近の作品から、色選びについてのお話を・・・。

上の作品では、
色の トーン を重視して色を選びました。


by Masumi Chiba

















具体的にいうと、主人公のネコは
アビシニアンをイメージして明るい茶系にしたので、
この色に合わせて明るいトーンで統一感を作ろうとしたのです。

トーン(色調)が近い色を用いて全体をまとめる配色を、
 「類似色相配色」、あるいは 「ドミナントトーン配色」 と言い、
色彩検定ではそれぞれ3級、2級に登場します。

ネコを囲むリースには
さまざまな種類の葉や花々が描かれていて、
それらをみな違う色で塗りました。
しかし、トーンをほぼ同じに揃えたおかげで
かなりまとまって見えるのではないかと思います。

(正直に申しますと、
 リース右半分のよもぎのような葉3枚と、
 オレンジの花の中心の紫は、
 色が少々濃かったなぁと感じていますが・・・。)

全体の統一感を高めたい場合は、
このように色のトーンをまとめるのが一つの方法です。

ぜひ一度試してみてくださいね。



関連記事
コロリアージュ/色選びのヒント 1 ~ ナチュラル・イメージで




0 件のコメント :

コメントを投稿