2016年1月25日月曜日

カラーコーディネート応用編-1. アクセントカラー その1

Photo by Masumi Chiba

ご覧くださって
ありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

ブログ上での
カラーコーディネート講座は、
基本、実践編に引き続き
応用編へと進んでまいります。

第1回目の今日は
アクセントカラー についてです。

■ アクセントカラーとは

ファッションやインテリアなどでも
「アクセントカラー」 という言葉は
頻繁に登場しますね。

アクセントカラーは
配色がまとまりすぎて
単調になってしまった時などに、
ポイントとなって
全体を引き締めてくれる色です。

上の写真では、
外壁や看板がソフトな色合いで
まとまりの配色になっています。
ただし、まとまり過ぎて
少々インパクトに欠けます。

それをググっと引き締めてくれているのが、
真っ赤なベゴニアの花です。
ベゴニアの赤がアクセントカラーになっています。

もし、この花が無ければ・・・。

ちょっと物足りない雰囲気になりますね。


■ アクセントカラーの選び方

アクセントカラーは
まとまりの中のポイントとなる色ですので、
周りの色と大きく異なる色 にします。

つまり、
周りの色とアクセントカラーとで
「きわだちの配色」 をつくります。

写真の例でいうと、
花の赤は 周りの淡いトーンと対照的な
ビビッドカラーですので、
トーンによるきわだちの配色です。

さらに、
すぐ後ろに見える看板のフレームは
ブルー系ですので、花の赤とは
色相によるきわだちの配色でもあります。

また、上の例の赤のように
彩度が高い鮮やかな色は目をひきやすいので、
とても効果的なアクセントカラーになります。

このように、
アクセントカラーは色選びが大切です。

次回は、アクセントカラー使いの
もう一つのポイントをご紹介します。


(参考記事)
・  色相による きわだちの配色
・ トーンによる きわだちの配色




*残り2席となりました

2月6日開催
「コロリアージュでカラーレッスン」
   ~大人のぬり絵で
  楽しみながらカラーセンスアップ!~

 → 詳細は こちら 



0 件のコメント :

コメントを投稿