2015年7月15日水曜日

カラーコーディネートは美しさのためだけではありません

Photo by Masumi Chiba
仙台を拠点に
カラー講座・コンサルティングを展開中!
理論派カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

ブログ上での
「カラーコーディネート講座」
前回は、カラーコーデョネートが果たす
役割として、美しさを作るという点を
挙げました。

今日は、その他のカラーコーディネートの
役割について、インテリアを例にご紹介し
たいと思います。

インテリアのカラーコーディネートも、
まずは美しさが求められますが、
その他にも、このような効果を得ることが
可能です。



まずは、快適な空間づくり。

ホッとやすらげる落ち着いた雰囲気を演出したり、
今のような暑い季節には、色で涼しげな空間をつくることができます。

色には体感温度 (実際の室温でなく、肌で感じる温度) を
変える作用がありますので、省エネにも役立ちます。

また、色を利用した視覚効果で、
部屋の奥行き感じさせたり、天井を高く見せるたりと、
室内空間を実物と変えて見せることも可能です。

それから、
部屋の用途に合わせたカラーコーディネートも効果的です。

例えば、リビングはリラックスできる配色に。

ダイニングは楽しく、美味しく食事ができるように色使いで。

勉強部屋や仕事部屋は、集中力が高まる色、など。

このように、インテリアのカラーコーディネートは、
空間の 快適さや機能を高めること にも役立つのです。

よりよい暮らしのためには、
目的に応じたカラーコ-ディネートが欠かせませんね。


次回は、ビジネスシーンにおけるカラーコーディネートについて
取り上げたいと思います。


■関連記事
「なぜ カラーコーディネートは必要とされるのでしょう?」
「カラーコーディネートが果たす役割で最も身近なことは…」

0 件のコメント :

コメントを投稿