2019年6月9日日曜日

紫は梅雨に合う色? ~ 高貴で多彩な紫の魅力

photo by Masumi Chiba

ご覧くださって
ありがとうございます。

カラーリスト・色彩講師の
千葉真須美 です。


仙台では梅雨空の
肌寒い日が続いています。

この季節をイメージさせる
色といえば「紫」ではないか
と私は思っているのですが、
みなさまはいかがでしょう?




紫は古くから高貴な色とされ、
日本では最高位の色・天皇を象徴する色です。
先日 日本流行色協会が発表した「令和 慶祝カラー」にも
紫系の「菫(すみれ)」が含まれていました。

さて、紫を色の温度感という視点で見ると、
暖かさを感じる 暖色 と、涼しさを感じる 寒色
中間に位置する 中性色 で、温度感の無い色です。

しかし、同じ紫系でも、
寒色の青に近い 青紫 と 暖色の赤に近い 赤紫 では
温度感の差が結構あります。
それに伴い、受ける印象の幅も広いと感じます。


photo by Masumi Chiba

カラーイメージで捉えると
紫は神秘的なイメージや、
ミステリアスさ、そして
少々複雑な感じもあります。

絵の具で赤と青を混ぜると、
紫色ができますよね?

つまり、紫は
赤の情熱的なイメージと
青の冷静なイメージの、
対照的な二つの要素を含んで
いるため、先に挙げたような
イメージが生じるのでは
ないでしょうか。



また、色鉛筆 に注目してみると、
日本製の色鉛筆は海外の物より
紫のカラーバリエーションが豊富です。

ということは、日本人は紫が好きで、
紫に対して細やかな感覚を持っていると思われます。

和の雰囲気、寒くも暖かくもない、ちょっと複雑…

これらのイメージや性質から、
紫は梅雨の季節に合う色だと私は思っています。


photo by Masumi Chiba

【画像の花と花の色】

・上 紫露草 
  (紫に近い)

・中 紫陽花
  (薄い青紫)

・下 紫陽花
  (赤紫に近い)













0 件のコメント :

コメントを投稿