2019年3月31日日曜日

カラーセンス(色彩力)を磨く! その5 ~ 基準となる色を確認する

photo by Masumi Chiba


ご覧下さってありがとうございます。
色彩講師・カラーリストの 千葉真須美です。

第5回目となる「カラーセンス(色彩力)を磨く!」シリーズ、
今回は「基準となる色を確認する」です。


 *過去の記事
  ・カラーセンス(色彩力)を磨く! その1 ~ 色を観察する  
  ・カラーセンス(色彩力)を磨く! その2 ~ 好きな色を集める  
  ・カラーセンス(色彩力)を磨く! その3 ~ 色を組み合わせてみる  
  ・カラーセンス(色彩力)を磨く! その4 ~ 慣用色名に強くなる 



色を観察したり、集めてみたり、組み合わせてみたり、
色に親しんできたところで、
書籍や色票を参考に 色を確認してみましょう。 


「その1 ~ 色を観察する」で、
「赤」と認識される色にも
橙に近い赤、赤紫に近い赤、明るい赤、暗い赤… と、
さまざまな色があるというお話をしました。 

では、その基準となる標準的な「赤」
-混じり気のない純粋な「赤」はどんな色なのでしょう? 


人によって色の感覚は異なります。
例えば、あなたが「これが純粋な赤」と感じる色と、
私がそう感じる色は、もしかしたら違っているかもしれません。 

また、「赤」と呼ばれている色にも幅があります。
例えば、色鉛筆で「赤」と表示されていても、
メーカーが違うと色も微妙に違いますよね。 


そこで、一度色を確認してみましょう。
色を確認することで、
「なるほど!これが標準的な「赤」なのね!」
-と、あなたの色彩感覚の中に
しっかりとした色の基準ができていきます。 

もちろん赤だけでなく、他の色も確認してみてください。 


確認する際は、書籍色票 など印刷物を参考にしましょう。
パソコンやスマホで見る色は光の色であるため
物の色と見え方が異なりますし、ディスプレイによって
色が違って見える場合があります。 

書籍でしたら、色の表示の他に、色相環やトーンなど
色彩体系が解説されているものが望ましいです。
(でも、色彩関係の書籍はお値段が高いですよね…。) 

私の一番のおすすめは色票(カラーカード)です。
書店で色彩検定テキストの側によく置いてある
「新配色カード199a」なら税込で900円以下です。 


新配色カード199a
















ただし、このカードには
赤、青…といった色名の表示がありません。
初めて手にする方には少々分かりづらいので、
次回の記事でカードについてご説明しますね。





0 件のコメント :

コメントを投稿