2019年2月3日日曜日

表情の異なる5つの白で広がる世界 ~ハン・ガン著「すべての、白いものたちの」


photo by Masumi Chiba


ご覧下さってありがとうございます。
カラーリストの 千葉真須美です。


書店に並ぶ本の中に「色」という文字、
あるいは 色の名前 を見つけると、
単行本でも雑誌でも思わず手に取ってしまいます。
そして「ジャケ買い」ならぬ「タイトル買い」をすることも…。

ハン・ガンさんの短編集「すべての、白いものたちの」
タイトルに惹かれて手を伸ばしたら… ビックリ!

この本のページには 5色 の紙が使用されています。
このような作りの本は初めて見ました。

どの色もごく淡いトーンで
写真のように並ぶと色の違いがハッキリと判りますが、
1色だけで見たら「白」と捉えそうな色ばかりです。

そして、こんなに微妙な違いの色でも、
ページをめくって色が切り替わる瞬間は
まるで世界が変わるような新鮮な感覚です。

うぶぎ、ゆき、白い犬、戦争で廃墟となった街 など
本文に綴られたさまざまな白いものたちと、
かすかに表情の違う 5つの白いページ。
色の効果で白の世界がますます広がります。

白いものは数あれど同じ白は一つも無い、
-そんなことを伝えているようにも感じました。

作品自体も素晴らしいですし、
ずっと大切に持っていたい一冊です。

今日は色を巧みに使った素敵な本のご紹介でした。

(装丁は佐々木暁さん)


photo by Masumi Chiba



0 件のコメント :

コメントを投稿