2018年3月6日火曜日

映像美のキーカラーは「ティール」~ 映画「シェイプ・オブ・ウォーター」


ご覧くださって、
ありがとうございます。
カラーリストの 千葉真須美 です。

昨日はアカデミー賞授賞式が
行われました。

最多受賞作品は
「シェイプ・オブ・ウォーター」
作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞の
4部門での受賞を果たしました。

私は先週末にこの作品を観まして、
美しい映像・美しい音楽で描かれた
大人のおとぎ話を堪能しました。

(少々グロテスクなシーンも含まれているので、
 苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが…)


今日は「シェイプ・オブ・ウォーター」の映像作りで
ポイントになっている「」について取り上げます。

この作品のキーカラーは  ティール(Teal) という色です。
ちょうどポスター中央部分の 青緑 がこの色です。

Teal とは、もともと小さい鴨のことで、
この鴨の羽に見られる青緑も Teal と呼ばれています。
日本の伝統色にも「鴨の羽色(かものはいろ)」という
色があり、ティールより若干暗めの色です。

「シェイプ・オブ・ウォーター」では、
物語の舞台となる研究施設 や 主役の女性の衣装、
そして捕らわれた生物(彼)の身体にも
ティールのバリエーションカラーが用いられ、
海の中を思わせる映像世界を作り上げています。

おまけに、彼を殺そうとする悪役が購入した
高級車のボディカラーもティール。

「緑でしょ!?」
「いえ、”ティール” です!」

というようなやり取りがギャグになってました。(笑)

また、ラストの女性の衣装などに見られる
緑系の中でアクセントカラーとなり、
画面の印象を深めています。
ポスターも同様ですね。

この作品をこれからご覧になる方は、
ぜひ ティール を中心としたカラーリングに
ご注目ください。


*映画 公式サイト の予告編でも
 ティールの世界をごらんいただけます。



0 件のコメント :

コメントを投稿