2020年8月17日月曜日

黒には戻れない!? 高校野球で採用された色の効果



ご覧くださって、
ありがとうございます。

カラーリスト・色彩講師の
千葉真須美 です。


甲子園球場で開催された
高校野球交流試合 は、
今日が最終日でした。



新型コロナウィルスの影響により春の選抜大会は
中止となりましたが、このような形でも選手たちが
甲子園の土を踏めたことは良かったと思います。

ところで、この大会から 白いスパイクシューズ
使用できるようになりました。


色による温度への影響、軽重感、カラーイメージ



高校野球の公式戦で使用できるスパイクは
これまで黒一色と決められていましたが、
熱中症対策で、今回から白も認められました。

黒は光を吸収する性質が強く、物の温度を上昇させます
白い服より黒い服の方が暑い ―という経験は
どなたもあるのではないでしょうか。

8月13日配信の産経新聞ウェブ版 によると、
メーカー(ミズノ)の測定では、気温32度で、
白いスパイクは黒のスパイクより内部・外部の温度が
10度 も低かったそうです。
実際に白いスパイクを履いた選手達からも
「涼しい」という声が聞かれたようです。

また、「足が軽い印象で、走りやすい」との声も
あったということで、この点も注目です。
色は重さの感覚(軽重感)に影響を及ぼし、
心理的に 白は黒よりも軽く感じられます

また、同記事には「白色は、ひたむきに白球を追う
球児のイメージとも重なる。」という文章もありました。
白の代表的なカラーイメージは「純粋さ」です。
ここでも白の働きが作用していますね

…ということで、色が 温度、重さといった感覚に加え、
イメージにも影響を与えていることが解る記事でした。

いつも講座などで色彩理論としてご紹介・ご説明している
色の力が、具体的な事象として取り上げられ、
大変うれしい限りです。



0 件のコメント:

コメントを投稿