2017年5月30日火曜日

十五人 十五色! ぬり絵体験での個性あふれる作品の数々

2017.5.25 by Masumi Chiba





















ご覧くださって、ありがとうございます。
仙台を拠点に色彩講師として活動中の
千葉真須美 です。

じつは 私、講師力アップのために、
月に1回 プレゼンテーションの勉強会に参加しています。
先日その会で、ぬり絵に関するプレゼンを行いました。
上の画像は、その際に使用したスライドの表紙です。

60分間の発表で、
前半はぬり絵ブームやぬり絵本、色鉛筆などのご紹介を、
後半はご出席の方々にぬり絵を体験していただきました。

参加されたのは、年代が20代~50代(?)、
男性3名、女性12名、計15名のみなさまで、
ほとんどの方がぬり絵初体験でした。

このみなさまに20分という短い時間で
ぬり絵を完成させていただくために、
シンプルなマンダラぬり絵をご用意しました。

正直なところ、
「最初は戸惑われる方もいらっしゃるかな…?」
「みなさま、時間内に完成するかな…?」
と考えていましたが、そんな心配は全く無用でした。

こんなに素敵な15枚の作品が完成しました!

2017.5.25






















「十人十色」という言葉がありますが、
今回はまさに「十五人十五色」
シンプルな線画でも、
同じ作品は一つもありません。

色選びや組み合せ方はもちろん、
ベタ塗りやグラデーションといった塗り方、
どのように色を配置するかという模様の分割法、
そして、どこから塗り始めるかという作業の進め方なども、
本当にお一人お一人 さまざまでした。

ぬり絵には、
その方のパーソナリティが現れますね。

拝見していて、私もドキドキ、ワクワク♪
完成した作品からは 学ぶことがいっぱいです!!

ぬり絵を体験されたみなさまからも、
塗ることと、他の方の作品を見ること、
どちらも大変楽しかったとのご感想をいただきました。

その上、プレゼンの勉強会ですので、
構成や話し方等についてもご意見やアドバイスをいただき、
貴重な学びの時間となりました。




2017年5月22日月曜日

色鉛筆の「赤」は 赤ではない?!~5月20日「ぬり絵でカラーレッスン@仙台」より

2017.5.20 テーブルの手前に座られたお二人のお手元
















ご覧くださって、ありがとうございます。
仙台を拠点に色彩講師として活動中の
千葉真須美 です。

このところ初夏を思わせる良いお天気ですね。
仙台では先週末「青葉祭り」が開催され、
街は大勢の人で賑わいました。

そんな中、20日(土)は第10回目を迎える
「ぬり絵でカラーレッスン」
(旧「コロリアージュでカラーレッスン」)
を開催しました。

今回のテーマは「色選びのヒント」。
基本的な色相(色み)を確認しながら、
3色以上の配色法をいくつかご紹介しました。

はじめに色相の確認として、
お手持ちの色鉛筆で
12色の色相環を作るというワークに
チャレンジしていただきました。

カラーカード(日本色研新配色カード)を見本にして、
色から色への変化がなめらかに移行するように、
基本となる12の純色に近い色を並べていきます。

日本色研新配色カード199a photo by Masumi Chiba
















24色~36色程度の色鉛筆セットがあれば
基本12色は簡単に揃うような気がしませんか?

ところが実際はそうではありません。
ピッタリの色はなかなか見つからないのです。

赤の位置に色鉛筆の「あか」を、
青の位置に色鉛筆の「あお」を使っても
なんだか違う感じがします。

受講者さんからも
「赤は赤じゃないんですね。」というお声が…。

下の画像は、
私が TOMBOの36色セットを使用して作った色相環です。
結果的に、黄色の位置に「やまぶきいろ」の色鉛筆を、
青の位置には「ぐんじょういろ」の色鉛筆を使いました。
また、半数にあたる6色は色を重ねて作った色です。

2017.5.20 色相環ワーク
















つまり、色鉛筆はそれぞれの名前の色を
忠実に再現しているとは限らないということですね。

-となると、
色鉛筆の色名に頼らずとも済むよう、
色を見る目を養っておくのが
一番ではないかと思います。

色の感覚は磨けますので…。



■ 関連記事
カラーコーディネートの基本-2. 色の三属性その1・ 色相




2017年5月16日火曜日

ぬり絵の仕上げにおすすめの こんなひと手間

colored by Masumi Chiba
































ご覧くださって、
ありがとうございます。

仙台を拠点に
色彩講師として活動中の
千葉真須美 です。

先日の記事( → こちら )に
ぬり絵の途中経過を掲載したところ、
カラー講座の受講者さんにとても好評でした♪
そこで、調子に乗って(笑) 今回もご用意しました。

「Desert Dreams」というぬり絵本からの作品で、
上の大きな画像が完成したものです。

colored by Masumi Chiba











前回の白雪姫の継母は、
最初に薄く色を置き、
それをどんどん深めていきました。

今回のウサギ(?)は
背景 → ウサギの顔 → 花 → ウサギの胴体 と、
一部分ずつ仕上げていく塗り方をしました。

途中経過を見比べると
その手順の違いがお分かりいただけると思います。

さて、今回のようにパーツごとに仕上げる場合、
注意したいのが 全体のバランス です。

全てのパーツに色が入り、完成!
-と終了するその前に、
あらためて全体を見渡す ことをおすすめします。

塗っている時より少し離れて全体を見ると、
「ここの色がちょっと薄いかな?」、
あるいは反対に
「ここが目立ちすぎる!?」などと、
それまで気づかなかった点が見えてくることがあります。

その点を調整すれば、
作品の完成度がよりアップします。

さらに、私の場合はスマホで写真を撮り、
画像で全体をチェックします。
なぜなら、完成した作品をSNSや
ブログにアップすることが多いからです。

写真にすると、
肌色などの淡い色は飛んでしまいがちなので、
写真で見て色が分かるように
色を足して調整しています。

(それでも、アップした後になって
 色のアンバランスや塗り残しに
 気づくこともあるのですが。。。)

メイクや、ファッションも同じですよね。
最後に全体を鏡に映してチェックするのが大切。

最後のひと手間、
または ダメ押しという感じで、
全体のバランスチェックをしてみてくださいね。



今週末(5月20日)の講座は、
まだお席があります!
気になっていらっしゃる方は
ぜひご参加ください。
 ↓ ↓ ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぬり絵を教材に学ぶ色彩の講座
第10回「ぬり絵でカラーレッスン」

・ 今回のテーマ 「色選びのヒント」
・ 日 時  5月20日(土)10:30~12:30
・ 会 場  Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション) 
・ 受講料  3,000円(教材費、消費税込)
・ 持ち物  筆記用具、 24色以上の色鉛筆
・ 定 員  限定 6名様

(内容) ・カラーに関するレクチャー、 練習と自由制作など

*お申込方法
  こちら の「お申込みフォーム」よりお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年5月9日火曜日

水彩色鉛筆でディズニーぬり絵 ~ 濁色で妖しい雰囲気に

colored by Masumi Chiba
ご覧くださって、
ありがとう
ございます。

仙台を拠点に
カラーアドバイザー
・色彩講師として
活動中の
千葉真須美 です。

楽しみにしていた
連休も、
あっという間に
終わってしまいました。

お天気に恵まれた
今年のGW、
みなさまいかが
お過ごしでしたでしょうか?


さて、前回の記事に引き続き、
今回も 水彩色鉛筆 での
大人のぬり絵(コロリアージュ)についてです。

先日、水彩色鉛筆作品の2作目が完成しました。
「大人ディズニー 素敵なぬり絵レッスンブック」より、
白雪姫の継母(魔女?)です。

完成までの経過をまとめたのが
こちらの画像です。

colored by Masumi Chiba
















この作品は、
途中でギブアップしようかと考えるほど
大変苦労しました。

何が大変だったかというと、

1 細部を水筆でぼかすこと
2 水筆を使用した際の色ムラ

この2つです。

1 は主にいばらの蔓の部分です。
小さな棘の周りは色鉛筆でも神経を使いましたが、
水筆でなぞる時には
それ以上に注意と根気が必要でした。

2 は洋服や背景です。
色の濃淡や、色みの変化を
滑らかに表現したいと思いましたが、
水筆でぼかしたらひどいムラができてしまい、
結局何度も重ね塗りしてカバーすることに。

これらのことから、
細かい線画で描かれた作品や
広い面積でのグラデーション表現には、
ある程度の筆使いの技術が
必要であると感じました。
私の場合、もっと練習しなくては…。

ところで、この作品では、
継母や毒りんごの妖しい雰囲気を出すために
意識的に「濁色」を用いました。

濁色とは、純色にグレーを加えた色で、
くすんだ色合いです。
りんごの周りの黄緑色にもグレーが入っているのが
お分かりいただけるでしょうか?

濁色は清色(濁りの無い澄んだ色)よりも
おとなしくて落ち着いた感じ、
あるいは どこか翳りのある感じや、
複雑な感じを与える色です。

表現したいイメージに合わせて、
清色・濁色を使い分けるのも効果的ですよ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぬり絵を教材に学ぶ色彩の講座
第10回「ぬり絵でカラーレッスン」

・ 今回のテーマ 「色選びのヒント」
・ 日 時  5月20日(土)10:30~12:30
・ 会 場  Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション) 
・ 受講料  3,000円(教材費、消費税込)
・ 持ち物  筆記用具、 24色以上の色鉛筆
・ 定 員  限定 6名様

(内容) ・カラーに関するレクチャー、 練習と自由制作など

*お申込方法
  こちら の「お申込みフォーム」よりお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2017年5月4日木曜日

水彩色鉛筆で ぬり絵にチャレンジ!

colored by Masumi Chiba

ご覧くださって、
ありがとう
ございます。

仙台を拠点に
カラーアドバイザー
・色彩講師として
活動中の
千葉真須美 です。

5月に入り、
仙台も新緑が美しい
季節となりました。

日々変化する
自然の色合いは、
カラーコーディネートの最高のお手本ですね。


ところで、
先々月、中村佑介ぬりえブック『COLOR ME』
第一回ぬりえコンテストに入賞した記念に、
自分へのプレゼントとして 水彩色鉛筆 を購入しました。

初めての水彩色鉛筆、
それがこちらです!

Photo by Masumi Chiba
















ファーバーカステル社の
アルブレヒト デューラー水彩色鉛筆で、
大奮発の120色セット。

なんだか使うのが惜しくて
しばらくは眺めて楽しんでいましたが (笑)、
思い切って試してみたのが一番上の作品です。

使い勝手が分からず、
とりあえず普通に塗ってから
水を含ませた筆でなぞってみると…

色鉛筆の粒子が溶けて
なめらかな質感になるだけでなく、
驚くほど発色が良くなりました。

色によって差はありますが、
水無しの時より 彩度(色の鮮やかさ)が
2~3段階上がったように感じます。

この鮮やかな発色は
水彩色鉛筆の大きな魅力でしょうね。

その一方で、
鮮やかさが増すことを念頭に置いて、
色を選んだり、塗り方を加減するなど
ちょっとした工夫が必要だと思いました。

水無し・水ありの色の変化が分かるように
カラーチャートを作っておくと良さそうですね。

また、
水彩色鉛筆作品は 写真写りが良いです。

色鉛筆で塗った作品の写真を撮ったら、
色が飛んでしまい、
今一つきれいに写らなかった、
- なんて経験はありませんか?

水彩色鉛筆作品の写真は、
実物に近い鮮やかさです。
SNSにぬり絵作品をアップされている方には
この点も魅力の一つになるのではないかと思います。

初めて水彩色鉛筆を使った感想はこんなところですが、
これからまた気付いた点などありましたら
ぬり絵作品と共にご紹介いたしますね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぬり絵を教材に学ぶ色彩の講座
第10回「ぬり絵でカラーレッスン」

・ 今回のテーマ 「色選びのヒント」
・ 日 時  5月20日(土)10:30~12:30
・ 会 場  Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション) 
・ 受講料  3,000円(教材費、消費税込)
・ 持ち物  筆記用具、 24色以上の色鉛筆
・ 定 員  限定 6名様

(内容) ・カラーに関するレクチャー、 練習と自由制作など

*お申込方法
  こちら の「お申込みフォーム」よりお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・