2019年4月28日日曜日

韓国ドラマ「あなたが寝ている間に」で描かれた色覚の多様性

アプリ「色のシミュレータ」を使用


ご覧下さってありがとうございます。
色彩講師・カラーリストの 千葉真須美です。

ゴールデンウィークが始まりました!
今年は10連休の方が多いようですね。
みなさま 素敵な休日を過ごされますように♪


さて、先日 韓国ドラマ「あなたが寝ている間に」を見ていたら、
色の見え方 に関するエピソードが登場しました。
これがかなり良い内容でしたので、ご紹介したいと思います。
ただしネタバレとなりますのでご注意ください。


「あなたが寝ている間に」

物語終盤の裁判シーンで、
チョン・へインさん演ずる
警官が事件の証人として
出廷します。

彼は現場で目撃した2本の
傘についてそれぞれの色を
尋ねられますが、答えるこ
とができません。

なぜなら、2本の傘の色は
赤と緑で、彼はこの2色を
見分けにくい色覚の
持ち主だったからです。



色覚(色の見え方)には個性があります。
そのため、自分に見えているその色が
他の人にも同じ色に見えているとは限りません。

中には赤と緑の見分けが困難なタイプもあります。
昔は「色盲」「色弱」、数年前までは「色覚異常」と
呼ばれた見え方で、現在は「色覚多様性」と表現されています。

この見え方を スマートフォン・アプリ「色のシュミレータ」で
再現したのが一番上の画像です。
左側の色相環の12色が、右側のように見えます。
確かに赤と緑の見分けるのはかなり難しそうですね。

話はドラマのストーリーに戻ります。

「私は色を識別できません。」
そう告白した証人に、
「では、あの日に見た傘を描写できますか?」
と検事は質問を続けます。

ここで弁護士は、
「裁判長、普通の人でも夜間に一瞬見ただけの傘を
記憶するのは難しい。ましてや色の分からない証人が…」
と証人の証言の信憑性を否定しようとしますが、
その言葉を遮って彼はこう主張します。

分からないのではなく、普通の人と見え方が違うだけです。
明暗には敏感なので、夜間の識別には自信があります。

(傘の形態を描写し)長い傘は被告人のネクタイに似た色、
折り畳みの傘は検事さんの法服のラインより鮮明な色です。

自分の見え方をきちんと説明していること、
自分が見ている色の中で傘の色をしっかりと表現したことに
感心・感動しました。
色覚についてここまで語られたドラマは初めてです。

日本では男性の約5%、女性の0.2%の方が
このタイプの見え方であると言われています。
ドラマのエピソードを通して
たくさんの人々の色覚への理解が深まれば、
カラーリストとしても大変嬉しいです。





0 件のコメント :

コメントを投稿