2018年2月19日月曜日

かわいい!と評判のメダルのリボンは、これに基づいて配色?

https://www.pyeongchang2018.com/en/medal


ご覧くださって、ありがとうございます。
カラーリストの 千葉真須美 です。

平昌オリンピックで日本人選手の活躍が続いています。
羽生選手、宇野選手に引き続き小平選手も!
連日メダリストの姿がテレビやネットに映し出されるにつれ、
「メダルのリボン(ストラップ)の色がかわいい!」
評判になっています。

淡い ピンク水色 の組み合わせは、
気の早い春いを思わせる 優しくてかわいい色合いですね。

この配色を見てピン!と来ました。

この2色は韓国の国旗「太極旗」をもとに
配色されたのではないでしょうか?





太極旗は中央に赤と青で成り立つ円が描かれています。
この円は宇宙を表し、世界は 陰と陽、天と地、男と女 などのように
相反するものを包括して成り立っていることを示しています。

この赤と青が メダルのリボンに
取り入れられているように思えます。

しかし、そのままの色ではちょっと鮮やかすぎて
メダルの繊細なデザインが目立たなくなりそう…。

そこで、

赤と青それぞれに「白」を加えて
メダルに調和するソフトな色合いに調整したのが、
今回のリボンのピンクと水色なのではないか?

-というのが私の推理です。

因みに、リボンの素材には韓国の伝統衣装の生地を
使用しているようです。

このリボン以外にも、オリンピックでは
たくさんの美しい色が見られます。
色を楽しんだり、色が選ばれた理由を考えたり、
色という視点からオリンピックを見てみるのもおすすめです!


*画像は 平昌オリンピック公式サイト よりお借りしました。




2018年2月17日土曜日

祝・金メダル! 羽生結弦選手、主役にふさわしいファッションカラー


















ご覧くださって、ありがとうございます。
カラーリストの 千葉真須美 です。

今日は日本中が緊張、そして歓喜の一日でしたね。
平昌オリンピック、フィギュアスケート男子で
金メダルの羽生結弦選手、銀メダルの宇野昌磨選手、
本当におめでとうございます!仙台人としても嬉しい!!

私も午前中からテレビの前に釘付けで、
感じた事はたくさんありますが、
このブログでは「色」について取り上げます。

今大会のフィギュアスケート会場は
深い紫色をメインにしたカラーリングです。
(上の画像は青が強く出ています)
テレビ放映では、この紫色を背景とした
選手の姿がよく見られました。

色は背景色によって見え方が変わります。
明るく見えたり、暗く見えたり、
鮮やかに見えたり、くすんで見えたり、
そして、目立ったり、目立たなかったり…。

会場の紫色を背景にした時の選手の衣装は、
深い色や暗い色の場合は映えにくかったし、
くすんだ色の場合はさらにくすんで見えました。

宇野選手のネイビーや、
パトリック・チャン選手のボルドーなど、
白い氷の上では映えますが、紫色の前では
美しさが一歩後退しているように感じました。

それに対し、羽生選手の光沢のある白い衣装は
紫の背景にじつに良く映え、大変きわだって見えました。

その上、襟・肩・袖にあしらわれている紫とブルーは
背景色に馴染んで、会場との一体感を生んでいました。
まるでこの会場に合わせて用意されたかのような
衣装だと思いました。

ハビエル・フェルナンデス選手の衣装は、
同じ白系でもクラシカルなオフホワイトなので、
羽生選手に比べるときわだち感がいま一つでしたね。

羽生選手は、華麗な演技に加え、衣装の美しさの点でも
金メダルにふさわしいまさに今日の主役であったと思います。