2015年12月17日木曜日

カラーコーディネート実践編-4. 色相による きわだちの配色

Photo by Masumi Chiba

ご覧くださって
ありがとうございます!
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

ブログ上でお伝えしている
カラーコーディネート講座では、
実践編として 前回・前々回と 
「まとまりの配色」 をご紹介しました

* → まとまりの配色(1)
* → まとまりの配色(2)





今回は
「きわだちの配色」 についてです。

まとまりの配色と同様に、
色相を利用して
きわだち感をつくることができます。

色相差が大きい色を組み合わせると、
色の違いが明確になり
それぞれの色がきわだちます。

色相差を大きくするには、
色相環上での距離をできるだけ遠くします。

距離が最も遠い色は、
色相環の中心を挟んで向かい合う色どうしです。

















例えば、
 黄  青紫 、     青緑 といった関係です。

真向いだけでなく、
その両隣の色も OK です。
 黄  と   、  と    などですね。

上の写真のポインセチアは、
 花が赤紫 で、  葉は緑 ですので、
色相環上の距離が遠く、
きわだち感の強い組み合わせです。

因みに、色相環上で向かい合う2色を
「補色」 といいます。

補色関係にある2色は、
お互いの色をより鮮やかに引き立てます。

色をハッキリと鮮やかに見せたい場合は
この補色の効果を利用すると良いですね。




0 件のコメント :

コメントを投稿