2015年11月25日水曜日

カラーコーディネート実践編-2. 色相による まとまりの配色

Photo by Masumi Chiba

仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師
千葉真須美です。

ブログによる
カラーコーディネート講座は、
前回から実践編に入りました。

最初にお伝えしたのは、
カラーコーディネートにおける
重要ポイントは、
まとめるか? きわだたせるか?
-であるということです。

* → 前回の記事


今回は 「まとまりの配色」 について
詳しくご説明します。

まとまりの配色は全体の統一感が強く、
落ち着いた印象となります。

この まとまり を得る手法の一つが
色相でまとめるという方法です。

色を構成する3つの要素(三属性)は、
色相、 明度、 彩度 でした。

この中の 色相(色み) によって、
統一感を演出します。

具体的には、一つの色相、
あるいは、色相が近い複数の色によって
配色を作り上げていきます。

「色相が近い色」 というのは、
下の色相環の位置関係でいうと、
隣り合う色あたりまでです。

一般に「同系色」と呼ばれる色ですね。

















例えば、上の写真でしたら、
 と 黄みのだいだい あたりの
色相で構成されたまとまりの配色です。

ファッションでしたら、
同系色配色の代表とも言える
ネイビーのスーツブルーシャツ が、
色相によるまとまりの配色です。

「同系色配色は間違いがない」

-などと よく言われるように、
色相によって大変まとまった配色を作ることができます。


次回は、まとまりを得るための
もう一つの方法をご紹介します。


*「カラーコーディネート講座」
  インデックスは こちら



2015年11月17日火曜日

カラーコーディネート実践編-1. 配色のポイントはこれだけ

Photo by Masumi Chiba



















仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

ブログ上でのカラーコーディネート講座は、
基礎編に引き続き、いよいよ実践編へと入ります。

*これまでの内容については、
  こちらの インデックス をご覧ください。


さて、複数の色を組み合わせることを
「配色」と言います。

毎日のお洋服選びなどのファッション関連から、
インテリアやフラワー、デザインといった分野においても、
「配色」という行為は欠かせません。

この配色を行う際の色の調整のことを
「カラーコーディネート」 といいます。

色と色とを、どのように調整して組み合わせるのか?

カラーコーディネートにはさまざまな手法がありますが、
私が考える最も重要なポイントは、

まとめるか?
それとも、 きわだたせるか?

たったこれだけです。

「まとめる」 というのは、
共通の要素を持つ色どうしを組み合わせて、
全体の統一感を強調することです。
なじみ感が強く、安定したイメージが得られます。

それに対して、

「きわだたせる」 は、
要素が大きく異なる色どうしを組み合わせて、
色と色の違いを強調することです。
メリハリ感が出て、動的なイメージとなります。

「まとまり」 と 「きわだち」 は対照的なイメージで、
その中間のどちらでもない配色は、
あいまいで印象が弱くなる傾向があります。

まとめるか? きわだたせるか?

この視点からのカラーコーディネート法を
ご紹介してまいります。


*画像はチェコのチェスキークルムロフです。
  赤茶色でまとめられた統一感のある街並みですね。



2015年11月11日水曜日

「カラーコーディネート講座」 インデックス 

Photo by Masumi Chiba


仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師
千葉真須美です。


ブログ再開ということで、
以前に書き綴っていたブログ上の
 「カラーコーディネート講座」 も
再開し、実践編へと内容を進めて
まいります。

しかし、
前のお話からずいぶんと間が
空いてしまいましたので、
これまでの記事を整理して、
下にインデックスを作りました。





色のトリセツ 「カラーコーディネート講座」 インデックス
(タイトルは該当記事にリンクしています)

Ⅰ. はじめに

  1.   カラーコーディネートはここから始まる
  2.   カラーコーディネートにセンスはいらない

Ⅱ. カラーコーディネートの基本

  1.   色の成り立ち/色の三属性
  2.   色の三属性その1・色相
  3-1. 色の三属性その2・明度
  3-2. 明度による心理への影響
  4.   色の三属性その3・彩度
  5.   三属性の3つめ・彩度」
  6.   色の「トーン」とは?


次回は、「カラーコーディネート実践編」 ということで、
配色のポイントをご説明します。

どうぞお楽しみに!



2015年11月8日日曜日

色彩検定1級・2次試験対策について


Photo by Masumi Chiba

仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師
千葉真須美です。

今日は
色彩検定冬期検定実施日と
いうことで、受験されたみなさま、
お疲れ様でした。




これまでの緊張から解放され、
今晩はホッとされていることと思います。

しかし、しかし、 1級を受験された方 は、
大変申し上げにくいのですが、
ゆっくりされるのは今晩だけにしてくださいね。

明日からは2次試験に向けて頑張りましょう!

なぜなら、今度は実技試験です。
1次試験とはまた違った対策が必要ですので、
少しでも早く準備を始めましょう。

まずば、2級、3級で登場した色の知識や配色法、
慣用色名などをしっかり見直します。
そして、それらをもとに、問題文の条件に沿った色選びが
スムーズにできるようにならなければなりません。

また、試験時間内に解答を終えられるよう、
カラーカードの切り貼りの練習も大切です。

とはいえ、
2次試験対策の参考書や問題集は大変少なく、
独学で準備をするのは大変なことです。

上の写真は、もう20年も昔、私が2次試験を受けるために
集めたりまとめたりした資料です。とても苦労したので、
捨てることができず、今でも大切にとってあります。

そんな自分の経験をもとに、対策講座と個人指導で
2次試験対策のお手伝いをしています。

講座は、全4回のうち1回目をすでに終了していますが、
途中からの参加も可能です。

「色彩検定1級合格を目指す 2次試験対策講座」

・日 時  第2~4回 11/12、 26、12/10  19:00~21:00
・場 所  仙台駅前アエル
・受講料  残り3回分 19,000円(教材費、消費税込)

個人指導については、お問合せください。

お申込み、お問合せにつきましては、
いずれも、ホームページの「お申込み・お問合せフォーム」、
または下記メールアドレスにお願いいたします。

 ↓ ↓ ↓

千葉真須美 オフィシャル・ウェブサイト

メールアドレス
color.mc@extra.ocn.ne.jp


2次試験までの約1ヶ月、できる限りの準備をして、
色彩検定の頂点を極められるよう 頑張りましょう!!





2015年11月5日木曜日

「色のトリセツ」


仙台を拠点にカラー講座や
カラーコンサルティングを展開中の
千葉真須美です。

2ヶ月近くもの長い間、
ブログをお休みしていました。
こんなに長いお休みは、
アメブロ時代の5年間を含め
初めてのことです。

その間、
遅い夏休みでチェコに出かけたり、
帰国後は講座を行う一方で
ポストカード写真展に参加するなどの
活動を行っていました。
(上の画像は写真展のDMで、
 下は私の出品作の一つです。)
Photo by Masumi Chiba

さて、
ブログを再開するにあたり
タイトルを変えてみました。
新しいタイトルは
 「色のトリセツ」 です。

家電などの身近な道具は、
「取扱説明書」を読まなくても
経験に基づく感覚などで
ある程度使えてしまいます。


私も困った時以外に
あの分厚い冊子を読むことは
あまりありません。

しかし、あらためて手に取り読んでみると、
それまで知らなかった機能や利用法に出会い、
その物をさらに活用することができます。
多少の手間はかかったとしても、
読んでみて損することは決してありません。

もし、色にも 「取扱説明書」 があれば、
色の仕組みやはたらき、効果的な使い方が解ります。

そして、感覚だけで用いる場合よりも、
色を私たちの毎日の中でもっと活かしたり、
もっと楽しんだりすることができます。

そんな 「色の取扱説明書」 のようなブログでありたいと思い、
タイトルを 「色のトリセツ」 と変更しました。

色の活用に役立つ内容を綴っていきたいと思いますので、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。