2017年1月20日金曜日

抑えたトーンで描かれた幸せな日常~映画「この世界の片隅に」


ご覧くださって、
ありがとうございます。

仙台を拠点にカラーアドバイザー・
色彩講師として活動中の
千葉真須美 です。


昨年から気になっていた映画
「この世界の片隅に」 を
やっと観に行くことができました。

評判通りの良い作品です!

この作品については、
いろいろな場でたくさんの方々が
語っていらっしゃるので、
私は色についての感想を・・・。


物語が始まり、映像を見た瞬間、
そのくすんだ色彩に驚きました。

彩度(色の鮮やかさ)がかなり低い
グレイッシュな色調で、
「うわー、地味な色!」
というのが最初の印象です。

(パソコンのモニターで観る色より、
映画館で観る色はくすんで見えます。)

物語が進み、舞台や季節が変わると、
もう少し明るく鮮やかな色も登場しますが、
それでも大半はくすんだトーンに抑えられていました。

その結果・・・

・ 時々登場する青空や青い海、草木の緑、
 明るい色の着物、紅(口紅)などの色彩が
 より生き生きと感じられる。

・ ノスタルジックな雰囲気が出る。

・ 戦争の痛ましいシーンも
 その衝撃が和らぐ。

などの効果が生まれていたと感じます。

そして、何よりも 「日常感」 が表されていたと思います。

ありきたりの毎日に、
色とりどりの華やかさはありませんよね。

たまにちょっとした彩りが加わるくらいで。

でも、そんな普通の一日一日が、
本当はとても幸せで尊いものであることを
この作品は教えてくれます。

これからご覧になる方は、
このような色の表現も感じていただけたらと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*お申込み受付中*

・ 「カラーイメージ講座~ファッション編 (全4回)」 1/24~
  → 詳細は こちら   *残り1席です

・ 「コロリアージュでカラーレッスン」 1/28
  → 詳細は こちら 




0 件のコメント :

コメントを投稿