2016年3月31日木曜日

3月26日 「コロリアージュでカラーレッスン」 を開催しました

by Masumi Chiba




















ご覧くださって、
ありがとうございます。

仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師
千葉真須美です。

ご報告が遅くなりましたが、
先週土曜日(3月26日) に
「コロリアージュでカラーレッスン」 を開催しました。

この講座は、
大人のぬり絵(コロリアージュ)に活かせる
配色方法 や 色の見え方 などをご紹介し、
実際に試していただくという内容です。

コロリアージュを楽しみながら
色に関する知識も増やせるという、
ちょっと欲張りな講座です。

それに加え、
それぞれのメーカーの色鉛筆の話や、
画材屋さん、コロリアージュ・ブックの話など、
情報交換もしちゃったり・・・♪

今回は写真を撮るのをすっかり忘れてしまったので、
課題の一つをご紹介しますね。

上の写真のコロリアージュで、
自由課題としてご用意しました。

自由課題ですので、
お好きな色やアイディアで塗っていただくのですが、
できれば講座内でご紹介したテクニックを
使っていただいています。

写真は、私が塗ったもので、
まだ途中ですが 奥行き感 を意識した配色です。

「ここを強調したい」 とか、
「こんなイメージにしたい」 という思いは、
色の知識があると ぐっと表現しやすくなります。

色の世界を広げるために、
ちょとだけ色を学んでみませんか?






【お申込み受付中】

「コロリアージュで
       カラーレッスン」

次回 4月23日(土)
   10:30~12:30

*詳細は こちら








2016年3月17日木曜日

コロリアージュ(大人のぬり絵)/自分の作品と向き合ってみると…

by Masumi Chiba

ご覧くださって、
ありがとうございます。

仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・
色彩講師
千葉真須美です。


このコロリアージュは
数日前に
完成したものです。

偶然にも
Facebookページで
シェアした孔雀に
カラーリングが似ていて
びっくりポンです! (笑)

*Facebookページは
  こちら


塗り終えたコロリアージュを
一息入れてから見直してみると、
あらためて気づくことがあります。

例えば、
ついつい使ってしまう好きな色、
筆圧や塗り方のくせ など。

そして、「今の気分が表れているなぁ…」 なんてことも。

こんな振り返りは楽しいし、
「次はここを変えてみよう。」 などと
今後の塗り絵に活かすこともできますね。

上の作品を見直して私が感じたのは、
ついつい色を並べてしまっているということです。

にわとりの 紫~青~緑、
尾に並んだ花の 黄~だいだい~赤~赤紫 と、
色相環の色の並びを選んでしまっています。
これも一種の職業病かも?-なんて思ったり…。

自分の作品と向き合うと、
今まで気づかなかった自分に
出会えるかもしれませんね。



【お申込み受付中】

「コロリアージュで
       カラーレッスン」 

Step 2 :  3/26
Step 3 : 4/23

・単独受講可能です
・受講料の特典もあります

*詳細は こちら



2016年3月14日月曜日

「色で夢をつかめ!」~色彩検定受験申込み受付が始まりました

Photo by Masumi Chiba



















ご覧くださって、
ありがとうございます。

仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師
千葉真須美です。

今日から 色彩検定 2016年度夏期検定試験
受験申込み受付が始まりました。

試験日は 6月26日(日)で、
今回は2級、3級の試験が実施されます。
( 1級は冬期検定でのみ実施)
申込み締切は5月19日(ネット申込みは26日)です。

今年のキャッチコピーは
「色で夢をつかめ」

1年にわずか 2回(1級は1年に1回)のチャンスを、
見逃さずにしっかりつかんでいただきたい!
-そんな気持ちでおります。

ところで、
「色彩検定ってどんな試験?」 と
書店でテキストを手にして、
「えーっ! こんなことも出るの!?」 と
驚かれる方が多いようです。

なぜなら、配色技法にとどまらず、
眼の構造や働き、光や照明、
色の名前など内容が多岐にわたるからです。

幅広い知識が求められることは、
正直言ってそれなりにお勉強も大変です。

しかし、実際に色に関わる仕事をしていると、
それら周辺の知識の大切さがよく解ります。
みなどこかで繋がっている事柄なのです。

関連知識の幅の広さが大切なのは、
色の世界だけではありませんよね。

例えば、料理人の方は、
調理ができればよいというだけでなく、
素材、器や調理器具、お料理に合うお酒など
幅広い知識を持っていらっしゃるほうが
何かと有利なのではないでしょうか?

お客の立場で考えても、
そのような方のほうが安心・信頼できると思います。

それと同じく、カラーに関わるお仕事の方、
特にカラーコーディネーター、カラーセラピストなど
肩書に 「カラー」 という文字が入っている方は、
色の知識が広いことに越したことはありません。

また、 「色の知識があって当然!」
という目で見られることだってあります。

そんな「幅広い知識」をまんべんなく学ぶ方法として
色彩検定を利用されるのも
良いのではないかと思っています。

新しい季節に、
新しいチャレンジをしてみませんか?


*各級のレベルに関しては、昨年8月3日の記事
  「カラーの活用能力を証明するのが 「色彩検定」 です」
  でご紹介しています。

* 色彩検定公式サイト



【お申込み受付中】

「コロリアージュで
       カラーレッスン」 

Step 2 :  3/26
Step 3 : 4/23

・単独受講可能です
・受講料の特典もあります

*詳細は こちら


2016年3月10日木曜日

他の人の色使いは 大きな学び ~ グループレッスンの大切さ

Photo by Masumi Chiba

ご覧くださって、
ありがとうございます。

仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師
千葉真須美です。


一人より 二人、
二人より 三人の方が
楽しいことってありますよね。

美味しいものを食べたり、
どこかへ出かけたり・・・。

じつは、色のお勉強も
一人より 二人、
二人より 三人の方が
楽しいし、学びも大きいのです。






私は、カラーカードを使っての配色レッスンや、
コロリアージュ(大人のぬり絵)の講座を行っています。

どちらもワークが主体ですが、
単純に課題をお出しして、
それに取り組んでいただくわけではありません。

必ず色や配色に関するレクチャーを行って、
それに基づいたワークを行っていただきます。

すると、
受講者さんは同じ説明を聞いていらっしゃるのにもかかわらず、
出来上がった作品は1つとして同じものはなく、
どれも個性あふれる作品となります。

それは、お一人 お一人の中に蓄積されている
色のデータが異なるからです。

(ほとんどの場合、)
色の表現は何も無いところから生まれるのではなく、
それまで見たり聞いたりした経験や知識が
もとになっています。

「インプット」 がなければ、
「アウトプット」 はできないのです。

これまでの人生の中で
インプットされてきた色の情報は人それぞれですので、
選ぶ色もまた人それぞれです。

複数の人が集まって色のワークを行えば、
人の数だけ配色が生まれます。

そして、それをシェアすることが
新たな 「インプット」 となります。

それが グループレッスンの良さです!

他の方のカラーリングから学ぶことは
眼からウロコということもありますし、
たいへん参考になります。

もし、あなたが色を学ばれるのであれば、
他の人と互いに学び合えるグループレッスンを
一度体験なさってみてください。

きっと、楽しく 実りあるものとなるはずです。



【お申込み受付中】

「コロリアージュで
       カラーレッスン」 

Step 2 :  3/26
Step 3 : 4/23

・単独受講可能です
・受講料の特典もあります

*詳細は こちら



2016年3月7日月曜日

色を 「使う」 という感覚で ~ 「ビジネスリーダーのカラー戦略」

Photo by Masumi Chiba




















ご覧くださって、ありがとうございます!
仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。


先週、仙台泉ロータリークラブ様の会合で
「ビジネスリーダーのカラー戦略 
~魅力を引き出し、好感度をアップする色使い~」
と題して、色のお話しをさせていただきました。

ご出席の企業トップの方々は
皆様 さすがに素敵な装いでいらっしゃいましたが、
さらに内面の魅力が相手の方に伝わりますよう、
イメージ戦略の意義や色の活用法についてご紹介しました。















後半は、代表の方のご協力により
実際にドレーピングを行いました。

時間や会場の照明の関係もあり
似合う色の正確な診断は難しかったため、
色によってお顔の印象が大きく変わるという点を
ご確認いただきました。















ご用意したカラードレープには
ビジネスシーンにあまり登場しないような色もあり、
その点も楽しんでいただけたのではないかと思います。(^^)


因みに、
この日、なぜ私がオレンジ色のジャケットを着ていたかという
理由を明かしますと・・・

ドレーピングを行う場合は通常黒い服を着用しています。
それは、写真のように診断する方の後ろに立つので、
私が黒い背景となって、色を見えやすくするためです。

しかし、今回は当初より診断は難しいことが予想されたため、
黒にこだわらなくて良いと考えました。

また、出席されるのは男性の方のみとうかがっていたので、
スーツに多いダークカラーよりも 明るい色合いの方が
新鮮さを感じていただけるのではないかと思いました。

さらに、オレンジ色は親しみやすさを感じさせる色ですので、
和やかな雰囲気をつくるためにこの色を選びました。

一応カラーリストですので、
このように理由を持った色選びをするようにしています。


色は 道具 です。

何らかの目的のために 使う 

という感覚で色を選んでいただければ、
その色はきっとお役に立つことでしょう。

色をどんどん活用していただきたい!

そう思いながら
いつもお話しさせていただいています。




【お申込み受付中】

「コロリアージュで
       カラーレッスン」 

Step 1 :  3/9
Step 2 :  3/26
Step 3 : 4/23

受講料の特典もあります

*詳細は こちら