2018年8月15日水曜日

「黒」は何色からできている?

「女子中学生の小さな大発見」新潮文庫

ご覧くださって、
ありがとうございます。
カラーリストの
千葉真須美です。

先日、夏休みらしい
雰囲気の本を読みました。
タイトルは

「女子中学生の
   小さな大発見」


女子中学生によるちょっとした実験や観察をまとめたもので、
クスッと笑ってしまうユニークな内容です。
今年の「新潮文庫の100冊」の1冊でもあります。

この中に

サインペンの黒色は何色からできているか?

という、とても気になる実験がありました。

コーヒーフィルターにサインペンで印をつけ、
水でにじませて色の変化を観察するという実験です。

結果として、メーカーによって異なること、
黒と言っても、青、オレンジ、ピンク、緑、紫など
いろいろな色が混じっていることがわかったそうです。

色彩学の基礎的な内容(色彩検定3級レベル)の一つに
混色」があります。混色とは「2色以上の色を
混ぜ合わせて他の色をつくること」です。

絵の具などの色材は、
三原色の シアン、マゼンダ、イエロー を混ぜると
黒(厳密には黒に近い色)になりますが、それとは反対に
黒の中に含まれている色を見つけようとしたのが
前述の実験ですね。

簡単な実験なので、私も真似してみました。

キッチンペーパーに、ペンテルとステッドラーの
2種類の黒サインペンで丸を描きます。


左/ペンテル、 右/ステッドラー















その上に水を数滴たらしてみると…


左/ペンテル、 右/ステッドラー
















左のペンテルからは少々緑みを帯びた青が、
右のステッドラーからは紫、オレンジ、黄色などが
現れました。

ペンテルは筆記具、ステッドラーは画材という点が
このような色の複雑さの違いとなっているのでしょう。

「黒」はさまざまな色を含んでいるということが
自分自身の目で簡単に確認できて面白いですね。
テキストで理論を学ぶだけでなく、
時には自分で試してみることの大切さを再認識しました。