2019年9月2日月曜日

色彩検定対策はもちろん、眺めるだけでも楽しい!~「日本の269色」




ご覧くださって、ありがとうございます。
カラーリスト・色彩講師の 千葉真須美 です。

今日は本のご紹介です。


「日本の269色」永田康弘 監修(小学館文庫)


日本工業規格(JIS Z 8102:2001)の
「物体色の色名」をもとに編集された文庫本で、
大変お手軽な色彩小辞典です。

色彩検定を受験される方には大変良い参考書ですし、
試験に興味の無い方にとっても
眺めているだけで十分楽しい本だと思います。





















内容的には「物体色の色名」全269色について

・色見本
・慣用色名
・系統色名と略記号
・マンセル値
・解説

などが掲載されています。


例えば、

「ばら(薔薇)色」は画像のような色合いで、
「ばら(薔薇)色」というのは 慣用色名 です。
*慣用色名:私たちが日常的に使っている色の名前

その下の「あざやかな赤 vv-R」
系統色名 で表された色名とその略記号。
*慣用色名:色を系統的に表した色名、形容詞+基本色名

右下の「1R 5/13」マンセル値 です。



じつは、この本は2002年に出版され、
その後絶版となり、一時期手に入らない状況でした。
(因みに、私の物は2002年1月発行の初版です。)

しかし、近年は電子書籍で購入することが可能になり、
Kindle版では800円程度で販売されています。

たくさんの色の辞典が出版され、
私も何冊も所有していますが、
手にする回数が最も多いのはこの本です。

小学館の回し者ではありませんが、
色彩検定受験者はもちろん、
色好きの方に強くお薦めしたい1冊です!