2019年8月12日月曜日

色彩効果、カラーイメージ… 選挙ポスターからも色は学べます


ご覧くださって
ありがとうございます。

カラーリスト・
色彩講師の
千葉真須美 です。

そろそろ涼しくなって
くれないかなぁ…と思う
今日この頃です。。。



さて、先月の参議院選挙に引き続き、
仙台では今月市議会議員選挙が行われます。
16日の告示を前に候補者のポスター用掲示板が
街のありこちで設置されました。

じつは、この選挙ポスターからも
色を学ぶことができるのです。

例えば、次の2つのポイントで
各ポスターを観察してみましょう。

その1 色彩効果をチェック

・どの色が目立つか?
・文字が見やすい配色は?

その2 カラーイメージをチェック

・その色からどんなイメージを連想するか?
・そのイメージは候補者に合っているか?


具体的に先の参議院選挙宮城選挙区での
3人の候補者のポスターを例にしてみると…















その1 色彩効果をチェック

 最も目を引くのは石垣さんの朱色ではないでしょうか。
 白が背景の場合、
 誘目性(目を引き付ける度合い)が高いのは
 赤、黄、黄赤(オレンジ)の順番です。
 石垣さんの朱色は赤に近いので、
 お隣の三宅さんの黄色より若干目立っていると感じます。

 文字が最も読みやすいのは
 白文字+ネイビーの背景 の愛知さん。
 文字と地(背景)の明度の差が大きいと、
 可読性(文字の読みやすさ)が高くなります。


その2 カラーイメージをチェック

 大接戦だった石垣さん、愛知さんを比較すると…。

 石垣さんの明るいグリーンは
 フレッシュでナチュラルなイメージです。
 石垣さんが新人であることと、
 生活者の目線であることを伝えていると思います。
 そして、朱色は前向きさや親しみやすさを感じさせます。

 愛知さんのネイビーは、
 誠実さや知性、信頼感と共に高級感・本物感のある色。
 与党自民党所属で当選3回の実績を持つ
 愛知さんの自信が感じられる色合いです。
 そこに赤のアクセントで
 やる気・情熱をプラスしていますね。
 
 
このように、選挙ポスターからも色は学べます。
特に色のお勉強をされている方は、
色彩の活用例としてポスターデザインを
捉えてみてはいかがでしょうか。







2019年8月5日月曜日

祝・仙台七夕まつり ~ 童謡「七夕さま」に出てくる「五色のたんざく」の5色とは?


ご覧くださって
ありがとうございます。

仙台を拠点に活動を
しております
カラーリスト・
色彩講師の
千葉真須美 です。




東北を代表する夏祭りの一つ 仙台七夕まつり
今年も8月6日から3日間開催されます。

七夕といえば全国的には7月7日。
しかし、仙台七夕まつりは1ヶ月遅れの8月です。
街の中心部が豪華な七夕飾りで彩られ、
色が好きな方にはたまらない大変美しいお祭りです。

(今年の七夕飾りはまだ設置されていないため、
 上の画像は他の街のものを使用しました。)

今日はこの仙台七夕まつりにちなんで、
七夕の色に関するお話です。

童謡「七夕さま」をご存知ですよね?
「 ささのはさーらさらー…」
で 始まるあの曲です。

2番の歌詞を覚えていらっしゃいますか?

「 五色のたんざく わたしが書いた
 お星さまきらきら そらから見てる 」

さて、この「五色」とはどんな色か、
5つの色を挙げることができますか?


答えは…

・ 白 ・ 黒

の5色です。


これらは古代中国の 陰陽五行説 に基づいた色です。

陰陽五行説とは、
全てのものは 陰と陽 の相反する2つの側面を持ち、
また、木・火・土・金・水 の5つの要素から成り立つ
という思想です。

この5つの要素にそれぞれ対応する色が

木-青、 火-赤、 土-黄、 金-白、 水-黒 です。

*古くは青と緑を区別していなかったため 青には緑も含まれます。
*黒の代わりに紫を用いる場合もあります。

陰陽五行説に基づく5色は 七夕以外に、
こいのぼりの吹き流し、相撲の土俵飾りなど
伝統的な行事やお祭りなどに用いられています。

古代中国から朝鮮半島を経て日本にやってきた5色。
言い替えると、
中国・朝鮮・日本の色彩文化の一部はつながっている。

そんな視点で各国の芸術・文化を見ると、
二つの国がより近しく感じられるかもしれません。