2018年3月6日火曜日

映像美のキーカラーは「ティール」~ 映画「シェイプ・オブ・ウォーター」


ご覧くださって、
ありがとうございます。
カラーリストの 千葉真須美 です。

昨日はアカデミー賞授賞式が
行われました。

最多受賞作品は
「シェイプ・オブ・ウォーター」
作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞の
4部門での受賞を果たしました。

私は先週末にこの作品を観まして、
美しい映像・美しい音楽で描かれた
大人のおとぎ話を堪能しました。

(少々グロテスクなシーンも含まれているので、
 苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが…)


今日は「シェイプ・オブ・ウォーター」の映像作りで
ポイントになっている「」について取り上げます。

この作品のキーカラーは  ティール(Teal) という色です。
ちょうどポスター中央部分の 青緑 がこの色です。

Teal とは、もともと小さい鴨のことで、
この鴨の羽に見られる青緑も Teal と呼ばれています。
日本の伝統色にも「鴨の羽色(かものはいろ)」という
色があり、ティールより若干暗めの色です。

「シェイプ・オブ・ウォーター」では、
物語の舞台となる研究施設 や 主役の女性の衣装、
そして捕らわれた生物(彼)の身体にも
ティールのバリエーションカラーが用いられ、
海の中を思わせる映像世界を作り上げています。

おまけに、彼を殺そうとする悪役が購入した
高級車のボディカラーもティール。

「緑でしょ!?」
「いえ、”ティール” です!」

というようなやり取りがギャグになってました。(笑)

また、ラストの女性の衣装などに見られる
緑系の中でアクセントカラーとなり、
画面の印象を深めています。
ポスターも同様ですね。

この作品をこれからご覧になる方は、
ぜひ ティール を中心としたカラーリングに
ご注目ください。


*映画 公式サイト の予告編でも
 ティールの世界をごらんいただけます。



2018年3月1日木曜日

大人のぬり絵に「澄んだ色・濁った色」を活用

colored by Masumi Chiba



ご覧くださって、
ありがとうございます。
カラーリストの
千葉真須美 です。


先日閉幕した
平昌オリンピックでは、
国旗やウェアの色、
会場のカラーリングなど
たくさんの素敵な色が
見られました。

さまざな色を見ることは
色の勉強や配色の参考に
なりますね。


さて今日は
「大人のぬり絵」です。





上の画像は、インドネシアのイラストレーター
Nicholas Filbert Chandrawienata さんの
作品集「EIRENE」の中の一枚を塗ったものです。

(この画像を Instagram にアップしたら、
なんと Nicholas さんご本人から「So nice!」と
コメントをいただいて、すごーく嬉しかったです!)

今回は配色を決める際に
「明清色と濁色」を意識しました。

明清色とは純色に白を加えてできる明るく澄んだ色です。
反対に、濁色は純色にグレーを加えた濁りのある色です。

この作品には「envy」というタイトルが付けられています。
「ねたみ、うらやみ、羨望の的 …」といった意味です。
そう言われてみると、左側の怪しげな面々が美しい女性を
ねたんだり、うらやんだりしているように見えてきます。

あるいは、このような美しい女性の心の中にも
暗い部分が潜んでいる… とも受け取れます。

そこで、左側は濁色中心でまとめて重たい雰囲気に、
女性から右側は明清色でまとめ光り輝くような雰囲気にして、
対照的な二つの世界を作りたいと考えました。

明清色と濁色、2つの色調の効果はいかがでしょう?

このように「澄んだ色、濁った色」という観点から
色をまとめるのも一つの配色手法です。

色鉛筆の中には、明清色か濁色かを見きわめるのが
難しい色もありますが、あまり神経質にならず
パッと見た感覚で判断して良いと思います。

また、濁色は「濁った色」と言うと聞こえが良くありませんが、
「グレイッシュカラー」「渋い色」と捉えると印象も良く、
活用のイメージが広がるのではないかと思います。

ぜひお試しを!