2017年2月27日月曜日

ビビッドカラーのファッションに注目!~映画「ラ・ラ・ランド」



ご覧くださって、
ありがとうございます。

仙台を拠点にカラーアドバイザー・
色彩講師として活動中の
千葉真須美 です。


本日発表された
第89回アカデミー賞では、
前評判の高かった
「ラ・ラ・ランド」が
今回最多の6部門で受賞しました。

この「ラ・ラ・ランド」、
日本では先週 24日に封切られ、
私も早速観てきました。


50~60年代のミュージカル映画へのオマージュと、
ロサンゼルスの風景たっぷりの、
誰もが楽しめる王道ミュージカル映画です。

映像も大変美しく、
プラネタリウムに広がる銀河、
ロサンゼルスの夕焼けなど、
うっとりするような色彩美にあふれています。

中でも印象的だったのが
ファッションカラーです。

(映画チラシより)














オープニングシーンから
赤、青、黄色 …と
鮮やかなビビッドカラーのファッションが登場します。

そして、それらはまるで画面を彩るように
スクリーンの中にバランスよく配置されています。
衣装というより美術の一部という感じです。
(アカデミー賞では美術賞も受賞)

先ほど
「50~60年代のミュージカル映画へのオマージュ…」
と述べましたが、この時代はちょうど
モノクロ映画からカラー映画への移行期です。
「雨に唄えば」「巴里のアメリカ人」など、
カラーで作られた作品は、カラフルな色彩を
見せつけるかのような色使いでした。

ビビッドカラーのファッションは
そのあたりの感覚を取り入れての
色彩構成ではないかと思います。

そして…

*ここからはネタバレですのでご注意を!*

女優を目指しているものの、
オーディションに落ち続けるヒロインは、
作品前半ではビビッドカラーを身につけています。

しかし、やがてチャンスをつかみ取り、
スターの仲間入りをした後のシーンでは、
モノトーンファッションに変わっています。

このファッションカラーの変化で、
目標に向かう情熱・エネルギーと、
成功者の貫禄や洗練された雰囲気を
表現しているように感じました。


もちろん、色彩だけでなく、
音楽も、演技やダンスも、見どころ満載ですので、
おすすめします。
ぜひご覧ください!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*お申込み受付中* 「コロリアージュでカラーレッスン」

・ 日 時  3月25日(土)10:30~12:30
・ 会 場  Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション) 
・ 受講料  3,000円(教材費、消費税込)
・ 持ち物  筆記用具、 24色以上の色鉛筆
・ 定 員  限定 6名様

(内容) ・色彩に関するレクチャー、 練習と自由制作など
      詳細は こちら

*お申込方法
  こちら の「お申込みフォーム」よりお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2017年2月18日土曜日

パーソナルカラーを活かしたアクセサリー


ご覧くださって、
ありがとうございます。

仙台を拠点に、
カラーアドバイザー・
色彩講師として
活動中の 千葉真須美 です。


昨日と比べ10度も気温が低く、
頭を出しかけたつくしも
引っ込んでしまっただろうな…
と思う寒さの仙台です。

さて、カラーのお仲間
パーソナルカラーリストの
髙橋直子さんのイベントに
参加したので、そのお話を…。


イベントのタイトルは、
「パーソナルアクセサリーで、おしゃれにチャームアップ
 〜お似合いの色を知って、オンリーワンのアクセサリーをget〜」。

髙橋さんは、
同じカラー関係でも 私とは専門分野が違い、
6タイプのパーソナルカラー診断を中心に、
アクセサリーやストールの選び方・使い方なども
アドバイスしていらっしゃる方です。

会場は仙台ロイヤルパークホテル内にある
アクセサリーショップのフレグランスブルーさん。
店長の小野寺千江子さんは
コンテストでの受賞経験もある作家さんです。

髙橋さんのレクチャーやアドバイスを受けながら、
小野寺さんによる手作りアクセサリーを選ぶ、
あるいは小野寺さんに作っていただくという
大変楽しいイベントでした。

アクセサリー選びは、
肌に似合う色という点だけでなく、
輪郭や顔立ち、体型に合うものであること、
その方の雰囲気に合うデザインであることなども
大切なポイント。



色や長さ、ボリュームを
確認しながら、
私に似合うものとして
選んでいただいたのが、
こちらです。

あまり長くないもの、
中くらいのボリュームのもので、
色はブルー系~パープル系。

私の好きな色ですし、
手持ちの服にも馴染みそうな
デザインばかりでした。



また、一緒に参加した
友人に似合うネックレスが
下の写真です。
(1本1本別の作品です。)

比較的小柄で、
可愛らしい雰囲気の彼女には、
短めで、春を思わせるような
優しい色合いの作品が
ピッタリでした。

こんなふうに並べてみると、
それぞれの個性の違いが
伝わってきますね。





そして、最終的に私が選んだ作品は、
一番上の写真の手前にある
ゴールドとオレンジのネックレスです。

「えっ!?
 選んでもらったものじゃないの?」

-と、きっと思われたことと思います。

じつは、今回、チャレンジという意味で、
あえて真逆の色を選びました。

(*ここが大事です)
「真逆の色」を選べるのは、
「似合う色」が分っているからこそ
できることなのです。

似合う色が分っていなければ、
当然真逆の色も選びようがありません。

ですから、言い換えると
似合う色の応用編ですね。

店内には、写真以外にも
さまざまな色・デザインの作品が並んでいて、
あれこれ試すことができるので、
とても勉強にもなりました。

髙橋さん、小野寺さん、
ありがとうございました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*お申込み受付中* 「コロリアージュでカラーレッスン」

・ 日 時  3月25日(土)10:30~12:30
・ 会 場  Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション) 
・ 受講料  3,000円(教材費、消費税込)
・ 持ち物  筆記用具、 24色以上の色鉛筆
・ 定 員  限定 6名様

(内容) ・色彩に関するレクチャー、 練習と自由制作など
      詳細は こちら

*お申込方法
  こちら の「お申込みフォーム」よりお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2017年2月13日月曜日

3月25日開催 「コロリアージュでカラーレッスン」のご案内

colored by Masumi Chiba


ご覧くださって、
ありがとうございます。

仙台を拠点に、
カラーアドバイザー・
色彩講師として
活動中の 千葉真須美 です。


本日は今年2回目となる
「コロリアージュで
    カラーレッスン」
のご案内です。



「コロリアージュでカラーレッスン」は、
コロリアージュを教材とした色の教室です。

色のレクチャー + コロリアージュ で、
コロリアージュを楽しみながら色の知識を深め、
同時に色彩感覚も磨いていただきます。

今年は奇数月の 第3、または 第4土曜日の開講を
予定していますが、年間を通じ「トーン」について
触れていきたいと思っています。

*トーンについてはこちらの記事をご覧ください 
  ↓
「カラーコーディネートの基本-5. 色の「トーン」とは?」

トーンについての知識や感覚が備わると、
色彩表現の幅がぐーんと広がります。

そして、今回のテーマは 「混色」 です。

以前にも「色を重ねて」というテーマで混色に触れましたが、
今回はさらに色を重ねることに注目していきます。
実験的なワークも準備しておりますので、
楽しみながら新しい色の発見を得られることと思います。

また、他の方の配色アイディアや塗り方、
グッズについて知ることができるのも
グループワークならではの良さです。

コロリアージュが初めての方にも、
すでに楽しんでいらっしゃる方にも、
おすすめできる内容です。

現在 2名様のご予約をいただいておりますので、
お申込みはお早めに。
ご参加をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「コロリアージュでカラーレッスン」

・ 日 時  3月25日(土)10:30~12:30
・ 会 場  Studio LUMO Collection(スタジオルーモコレクション) 
・ 受講料  3,000円(教材費、消費税込)
・ 持ち物  筆記用具、 24色以上の色鉛筆
・ 定 員  限定 6名様

(内容) ・色彩に関するレクチャー、 練習と自由制作など

*お申込方法
  こちら の「お申込みフォーム」よりお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年2月9日木曜日

「カラーイメージ講座~ファッション編 」はこんな感じです

2017. 2. 7




















ご覧くださって、ありがとうございます。
仙台を拠点に、カラーアドバイザー・
色彩講師として活動中の 千葉真須美 です。

1月24日から全4回で
「カラーイメージ講座~ファッション編」
を開講しています。

この講座は、配色(色の組み合せ)によって
イメージを表現できるようになることを目標とした講座です。

配色によるイメージ表現は、
インテリア、フラワー、ウェブデザイン などなど
さまざまな場面で活用することができますが、
今回はファッションを取り上げました。

また、この内容は色彩検定1級の「配色イメージ」の章に
ほぼ対応していますので、1級を取得された方には応用編として、
これから受験される方には予習として 活かしていただけます。

さて、3回目となる2月7日には、
ファッションのイメージ分析を行いました。
受講者の方々にお持ちいただいたファッション誌の写真を
マッピングによってイメージごとに分類していくという作業です。



最初は大まかに配置して、
その後に一つ一つ
検証していきます。

マップ全体の中で、
 どの位置がふさわしいか?

前後左右の写真と比べ、
 位置関係は正しいか?

このような点を確認しながら
配置の調整を行います。

そうして完成したのが
下の写真のマップです。

受講者の方々は、
作業の途中で位置関係に迷う
場面もあったようですが、
完成形をご覧になり
納得されたご様子でした。

また、
「楽しかったー!」という
お言葉もいただき、講師とし
て大変嬉しい思いでした。

色は、積極的に使う ことが
大切だと考えていますので、
色の活用につながる講座を
これからも企画してまいりたいと思います。




2017年2月5日日曜日

コロリアージュ/色選びのヒント 5 ~ 色のバランスと面積効果

colored by Masumi Chia






























ご覧くださって、ありがとうございます。
仙台を拠点に、カラーアドバイザー・
色彩講師として活動中の 千葉真須美 です。

人気イラストレーター 中村佑介さんのぬりえブック
「COLOR ME」 が、昨年 12月に発売されました。
大変な人気で、一時は品切れになったそうです。

上の写真はこの本の一枚を塗った作品です。
とてもキュートなイラストで、楽しく塗り進めましたが
じつは、 「失敗しちゃったかなぁ~」 と思う部分があります。

それは背景の赤色です。

絵画を題材としたイラストなので、
ルーブル美術館の赤い壁を連想して、
背景を赤にすることにしました。

ところが、赤は誘目性(視線を集める力)が高い上に、
進出色(手前に飛び出して見える色)でもあります。
そのため、この作品をパッと見た時、
赤色が眼に飛び込んできます。

あまり目立たないようにとダークな赤を選びましたが、
それでもまだ赤の力がやや強いような…。
もう少し彩度(色の鮮やかさ)を抑えてみても
良かったのではないかと考えています。


ところで、色の存在感は、その色が画面上で
どのくらいの面積を占めるかという点と
大きく関わりがあります。

全体に占める割合が大きければ大きいほど、
その影響力は強くなります。

上の作品では赤の占める割合がたいへん大きいですね。

そこで、両サイドをカットして赤の面積を減らすと、
赤の目立ち感が小さくなり、かなり印象が変わりました。






























同時に、色の面積効果も抑えられています。

面積効果とは、その色の面積が大きくなるにつれ、
その色の明るさや鮮やかさが増して見える現象です。

小さい色見本で選んだ壁の色が、
実際に塗ってみると派手だった、
-なんて事が起こるのは、この面積効果によるものです。

コロリアージュでも、ちゃんと試し書きをして色を選んだのに、
塗ってみたら予想と違う色になったということがあるかと思います。

この 2枚の画像の赤色を比べても、
上の作品の赤の方がより鮮やかに感じられますね。

下は赤の面積が小さくなったことで、
鮮やかさが軽減されています。

このような色の割合、色の面積効果について
しっかり頭に入れておけば、
色選びの失敗は減りそうですね。

(自分自身にも言い聞かせてます。。。)