2016年1月28日木曜日

カラーコーディネート応用編-2. アクセントカラー その2

Photo by Masumi Chiba



















ご覧くださって
ありがとうございます。
カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

ブログ上のカラーコーディネート講座、
前回の 「アクセントカラーその1」 に引き続き、
今回は 「その2」 です。


■ アクセントカラーの使い方

アクセントカラーは、
全体のカラーリングを引き締める
スパイスの役割をします。

スパイスですから、
分量はほんのちょっとでOK。
全体の1割程度までにとどめます。
分量が多いとアクセントの域を
超えてしまいます。

また、1ヶ所だけでなく、
数ヶ所に分割して使用すると、
安定感が増します。

例えば、上の写真。
プラハ城の衛兵交代の様子ですが、
制服を飾る赤が肩、胸元、肘などに
チラホラと見えます。

少量の鮮やかな赤が
あまり遠くない距離に配置されていて、
バランスが良いですね。

また、写真全体で捉えた場合、
クリーム色やサンドベージュの風景の中
兵隊さんが着ているのネイビーの制服は
アクセントカラーになっています。


■ ファッションやインテリアへの応用

ファッションの場合、
小物でアクセントカラーを取り入れると
「 鮮やかカラー ・ 少量 ・ 複数 」
というポイントが簡単にクリアできます。

例えば、
ネクタイとポケットチーフ、
マフラーと帽子、あるいは手袋、
バッグとシューズやベルト などなど…。

インテリアも小物の活用がおすすめです。
複数のクッション、
人形などの置物とアートフレーム、
ランチョンマットとテーブルに飾った花 など…。

小物なら取り換えるのも簡単ですから、
季節や気分に合わせて
さまざまなアクセントカラーが楽しめますね。




*残り2席となりました

2月6日開催
「コロリアージュでカラーレッスン」
   ~大人のぬり絵で
  楽しみながらカラーセンスアップ!~

 → 詳細は こちら 


0 件のコメント :

コメントを投稿