2015年12月3日木曜日

カラーコーディネート実践編-3. トーンによる まとまりの配色

Photo by Masumi Chiba
















ご覧くださって
ありがとうございます。

カラーアドバイザー・色彩講師の
千葉真須美です。

ブログ上のカラーコーディネート講座は
引き続き「まとまりの配色」についてです。

今回ご紹介するのは
トーン を利用してまとめる方法です。

トーン とは、色の三属性の中の
「明度」 と 「彩度」 の組み合わせです。

 *トーンについての詳細はこちらへ
    → 『 色の「トーン」とは? 』 

一つのトーン、または近いトーンの色を
組み合わせることで、
まとまりのある配色となります。

下の図はトーンマップといい、
トーンのバリエーションと位置関係を
示したものです。


















この中で一つのトーン、
あるいは隣合うトーンの色を用います。

例えば、上の写真の建物は、
ペールやライトあたりのトーンで
構成されていて、カラフルでありながら
全体の統一感を感じます。

対照的な色相である も、
 赤   緑  というように、
ダークトーンでそろえると
まとまった印象となります。

このトーンによるまとまりは、
トーンの彩度が低い
(トーンマップの左寄りの位置)ほど
まとまり感が強くなります。

組み合わせる色数が多い場合は、
このようにトーンを近づけることで
まとめるのがおすすめです。


0 件のコメント :

コメントを投稿