2015年11月17日火曜日

カラーコーディネート実践編-1. 配色のポイントはこれだけ

Photo by Masumi Chiba



















仙台を拠点に活動中の
カラーアドバイザー・色彩講師 千葉真須美です。

ブログ上でのカラーコーディネート講座は、
基礎編に引き続き、いよいよ実践編へと入ります。

*これまでの内容については、
  こちらの インデックス をご覧ください。


さて、複数の色を組み合わせることを
「配色」と言います。

毎日のお洋服選びなどのファッション関連から、
インテリアやフラワー、デザインといった分野においても、
「配色」という行為は欠かせません。

この配色を行う際の色の調整のことを
「カラーコーディネート」 といいます。

色と色とを、どのように調整して組み合わせるのか?

カラーコーディネートにはさまざまな手法がありますが、
私が考える最も重要なポイントは、

まとめるか?
それとも、 きわだたせるか?

たったこれだけです。

「まとめる」 というのは、
共通の要素を持つ色どうしを組み合わせて、
全体の統一感を強調することです。
なじみ感が強く、安定したイメージが得られます。

それに対して、

「きわだたせる」 は、
要素が大きく異なる色どうしを組み合わせて、
色と色の違いを強調することです。
メリハリ感が出て、動的なイメージとなります。

「まとまり」 と 「きわだち」 は対照的なイメージで、
その中間のどちらでもない配色は、
あいまいで印象が弱くなる傾向があります。

まとめるか? きわだたせるか?

この視点からのカラーコーディネート法を
ご紹介してまいります。


*画像はチェコのチェスキークルムロフです。
  赤茶色でまとめられた統一感のある街並みですね。



0 件のコメント :

コメントを投稿