2015年7月8日水曜日

カラーイメージづくりでは トーンが重要

Photo by Masumi Chiba
仙台を拠点に活動を展開している
カラーアドバイザー・色彩講師の 
                      千葉真須美 です。

前回の記事
「ソフトピンクのやわらかイメージで
 可愛さをプラス」 では、
ソフトピンクを用いることで、
全体のイメージが柔らかくなっている
例をご紹介しました。

この記事の中で、
ただの「ピンク」ではなく
ソフトピンク 」 と いちいち書いてい
たことにお気づきでしたでしょうか?

じつは、「ソフト」 と付け加えていたの
には理由があります。




ピンクなら優しく見えるか?

-というと、
じつはそうではないんですね。

一言で 「ピンク」 といっても、さまざまなピンクがあります。

前回と今回の写真のような  ソフトなピンク  は優しいイメージですが、
これよりも 鮮やかさが増したピンク は、
快活なイメージが少し加わって、キュートな印象になります。

さらに鮮やかさが強まり ビビッドピンク になると、
もう優しいイメージはほとんどありません。
あでやかで官能的、そして妖しさまでも感じます。
(しかも、文字が読みにくくてすみません。)

このように、同じ色みであっても、
トーン(=色調)によって大きくイメージが変わります。

ですから、イメージづくりには、トーン選びが重要なのです。

赤や青といった色みも大切ですが、
是非トーンにも注目をして、色を選んでみてくださいね。


■ 関連記事  「ソフトピンクのやわらかイメージで可愛さをプラス」 

0 件のコメント :

コメントを投稿