2015年7月16日木曜日

ビジネスに活かすカラーコーディネート

Photo by Masumi Chiba
仙台を拠点に
カラー講座・コンサルティングを
展開中!
理論派カラーアドバイザー・
色彩講師の 千葉真須美です。

ブログ上での
「カラーコーディネート講座」

今回は、ビジネスにおいて
カラーコーデョネートをどのように
活用できるかを取り上げます。

前々回の「美しさ」 をつくる役割も、
前回の 「快適さ・機能アップ」 を
果たす役割も、共にビジネスで
活かすことが可能です。
-というより、
ビジネスで必要とされる役割ですね。


例えば、
「美しさ」 なら、商品パッケージやディスプレイ、広告や資料などに、
「快適さ・機能アップ」 もオフィス、店舗、工場などにと、
幅広い分野でカラーコーディネートが活躍します。

では、ちょっと視点を変えてみましょう。

ビジネス活動において重要なことの一つに
目立つこと が挙げられます。

お客様の目を引き、存在を認識してもらうことは、
ビジネスの第一歩とも言えます。

では、目立つためのカラーリングとは?

派手な色を用いることでしょうか?

それも間違いではありません。

しかし、どんなに派手な色を用いても、周りも派手な色であれば、
その中に埋もれて目立たなくなってしまいますよね?

そうです!

目立つためには、 派手な色であることよりも、
周りの色と違う色 であることが重要なのです。

そこで、周囲の色とのコーディネート(調整)が必要となります。

写真中央のカフェは、
外壁の色自体はそんなに派手ではありませんが、
辺りのベージュ色の建物の中ではとても目立っています。

このように 「色で差をつける」 ことも、
カラーコーディネートの役割といえます。


カラーコーディネートの役割については。
まだまだ色々な例がありますが、ひとまずこのへんにして、
次回はカラーコーディネートの方法に話を進めていきたいと思います。

どうぞお楽しみに!



■関連記事
「なぜ カラーコーディネートは必要とされるのでしょう?」
「カラーコーディネートが果たす役割で最も身近なことは…」
「カラーコーディネートは美しさのためだけではありません」

0 件のコメント :

コメントを投稿